校長通信

7月21日(木) 晴れ
終業式

 体育館が耐震工事中のため、放送による終業式となりました。

式辞
 直にみなさんの顔を見て話せないのが少し残念ですが、今日は、放送室から、教室にいるみなさんの顔を思い浮かべながら話します。どうか聞いてください。

 1学期の始業式で私は、東日本大震災後の日本のこれからを考え、今とっても大事だなと思う2つのことを伝えました。

1つは
○ 一人ひとりが力をつけよう!
 こんな時だからこそ学べる環境にある君たちが、しっかりと勉強しよう。努力して、この未来を切り拓く力をつけよう。ということ。

もうひとつは
○ 人と心をつなごう
 こんな時だからこそ、しっかり人とつながろう!まずは、学校で出会うすべての人に挨拶をしよう。という話をしました。

 そして、この1学期間で、ほんとうに挨拶をしてくれる人が増えました。自分から挨拶してくれる人が増えました。学校の近くの藤沢台小学校や藤陽中学校の校長先生からも「いつも挨拶してくれる子がいるんです。」とうれしそうに言われます。
 学校の行き帰り、後ろからもたくさんの人が声をかけてくれます。私は振り向いて挨拶を返します。どんなにしんどい日でも「がんばろう」という気持ちになります。ほんとうに「挨拶の魔法」とはよく言ったものです。なぜでしょう?挨拶は、心を自分から開いて、人を人として認め、受け入れる行為だからです。だから元気をもらった相手の心も必ずまた、開かれます、癒されます、そして、それに応えてくれます。この心の通い合いが、学校を変えていきます。
 震災の復興支援の募金活動に関わった人は、勇気を振り絞って道行く人に声をかけていましたね。その声に答え、足を止めて募金をしてもらった時、ほんとうにうれしかったでしょう。手紙をもらったこともありましたね。元気が出たでしょう。そして、またがんばれましたね。この心の通い合いが、社会を変えていきます。
 女子サッカーワールドカップ、ドイツ大会で日本代表「なでしこジャパン」が初優勝を成し遂げました。準々決勝の直前には、全員で被災地のビデオ映像を見たそうです。「被災地の懸命に生きる姿が選手たちに上を向かせ、選手たちの躍動が被災地に上を向かせる。」と新聞記事にありました。この遠く離れた心の通い合いが、復興に向けてどれだけの勇気を与えたことでしょう。
 ところで、ヨーロッパなどに比べると、サッカー人気の低いアメリカで女子サッカーの競技人口は300万人を超える人気スポーツです。今から40年ほど前の女子サッカー部誕生のきっかけとなったのは、大学の部活動での性差別を禁じる法律でした。だから、女子サッカーは、アメリカが重んじる「男女平等」や「勤勉」を象徴するスポーツとして位置づけられているのだそうです。そんなふうに層も厚く、歴史もあるアメリカの女子サッカーを破った「なでしこジャパン」の「諦めない粘り強さ」を、私は一人の日本人女性にも重ねています。
 それは、私が大学を卒業して教師になった最初の頃に担任した生徒でした。彼女は「英語が好き、絶対に外国で仕事がしたい」という希望を高校一年の時から持ち続け、けっして諦めませんでした。大学入試で失敗したため、短大から編入した関西外国語大学を卒業後、彼女は単身アメリカに渡りました。まだまだ現地で通様する英語力ではなかったのですが、けっして諦めることなくチャレンジを続け、さまざまなキャリアを経て、現在デトロイトの一流企業で、堂々と現地の人たちと働いています。5月に久々に帰国した彼女とあった時の彼女の自慢は、アメリカ人の夫との間に生まれた13才の一人娘のサッカーチームでの活躍でした。写真の中のユニホーム姿の娘さんは、高校時代の彼女を思わせる意志の強さと強い自立心をその瞳にたたえていました。
 2011年のこの夏は、だれにも平等です。その平等な時間に価値を与えるのは自分です。みなさん、どうか価値のある夏休みを送ってください。
 勉強に、部活動に、ボランティアに、さまざまな体験活動に、一生懸命取組んでください。そこに人生を変える出会いがあるかもしれません。すべては自分の心のあり方次第です。夢を見つけ、あきらめずに挑戦する人へと成長してください。
生徒会執行部認証


水泳部 近畿大会出場壮行
 3年5組 山口仁実 400m自由形、800m自由形


クラブ表彰
水泳部
 3年5組 山口仁実
  大阪高等学校総合体育大会
    400m自由形 第8位
  大阪府立高校十校顧問連合会
    200m自由形 第1位
    400m自由形 第1位

陸上部
 3年1組 太田隆介
  第64回大阪陸上競技大会地区予選会  
    男子走り幅跳び 第4位
    男子三段跳び  第2位

男子ソフトテニス部
  大阪春季大会 予選リーグ 第1位
  大阪春季大会 Fブロック予選 優勝
    坂本啓太・中山育勇
  第59回 富田林市民体育大会 高校・大学男子の部  第3位
    坂本啓太・中山育勇

女子ソフトテニス部
  富田林市民体育大会 高校・大学女子の部 優勝
    中田真央・長春菜

放送部
  第58回NHK杯全国高校放送コンテスト大阪大会
    テレビドラマ部門 第3位 作品名「黒い手紙」
    ラジオドラマ部門 第3位 作品名「ねこのかわ」

国語授業
  第22回伊藤園おーいお茶新俳句大賞 佳作
    2年7組 西良 悠
      「不器用に 頑張る父の その背中」


生活指導部より
 夏休みの生活についての諸注意

放送室で行いました

生徒会より、山口さんへの活躍を紹介

水泳部 山口さんの挨拶

↑ このページの最初へジャンプ ↑