校長通信

8月27日(土) 晴れ後豪雨
「リボン通り子ども夏祭り」のお手伝い
     〜地域のみなさまとともに〜

 今日は学校の前の藤沢台1丁目から3丁目のリボン通りで、20年以上続いている地域の子ども夏祭りの日です。今回初めて、世話役のみなさまから依頼を受け、本校の軽音楽部と野球部が、顧問の大塚教諭、梅木教諭とともに、その準備のお手伝いをすることになりました。
 私は、打合せのようすを離れた所から見た後、すぐに公立高校合同説明会(松原商工会議所)に出かけましたので、生徒たちのようすは後ほど、写真で見ることとなりましたが、ほんとうに地域のみなさまと和気あいあいのいい雰囲気が伝わってきました。
 ここに「リボン通り子ども夏祭り」世話役代表西村嘉記様からいただいたお礼状の一部を紹介します。
 「提灯の取り付け作業は、一番の労働作業であり、高齢化する祭の世話役にとって誠にありがたい事柄でした。野球部の皆さんに心からお礼を申し上げます。
 当日は、バケツではなくドラム缶をひっくり返したような夕立に会い、出店を取りやめた団体もありましたが、雨が上がり幾つかの店が出て、子どもたちや近所の大人に、例年通り祭の雰囲気を楽しんでいただきました。予定通りでしたら、軽音楽部の皆さんの出番でしたが、やむなく中止の事前通知を致しましたので、皆さんの出番がなく、残念なことでした。ご協力の気持ちをいただいたことに対し厚くお礼を申し上げます。」

ありがとうございました。これからも地域とともに歩む金剛高校でありたいと思います。

*写真提供 西村様


地域のみなさまと集合写真

集合して打合せ、説明を聞く

提灯の取り付け作業

神輿を運ぶ

↑ このページの最初へジャンプ ↑