修学旅行20期>1日目 
1日目 13日(水)

 曇りでしたが、大阪からの我々にとって、寒くなく、暑くなくという、ちょうどいい気候の中、先の対戦で日本で唯一地上戦が行われた沖縄の地で、平和について考えてみようという一日を過ごしました。

 平和ネットワークのスタッフの方々のご協力により、「ガラビ壕」「糸数壕」「旧海軍司令部壕」「ひめゆりの塔」などの見学を実施しました。日ごろ平和の中にどっぷりとつかっている我々にとって、55年前の対戦と同じ空気を感じることのできた今回の体験は、本や教師の話とまったく違う何かを生徒たちに与えることができたのではないかと思いました。特に壕に入ったクラスの生徒は、本当に真っ暗の中、骨が出てくる壕の中で、それまでの彼らとはまったく違う感覚を与えてくれたものと確信しています。
 このような体験や、夕食後に実施された平和ネットワークとの交流会を通して、我々は、過去の戦争がどれほど惨いものだったかを知ると同時に、今の平和の尊さ有難さを、文字通り肌で感じることができました。


  飛行機から沖縄が見えてきました

  那覇空港につきました 「温かいなぁ〜」

  首里城にて

   ひめゆりの塔にて 千羽鶴をささげて黙祷

  「沖縄厚生年金休暇センター」での夕食のひととき

 平和ネットワークの方々との交流会


<< も ど る >>