修学旅行20期>2日目 
2日目 14日(木)

 朝、目覚めたときは大雨でした。TVのニュースでは「大雨洪水警報」が出されているとのこと。教員と添乗員にはまさかの不安がよぎります。が、食事中に雨は小ぶりに。久米島への飛行機もダイヤどおりということで、ほっと一息。でも、飛行機はかなり揺れ、そのたびに生徒たちの黄色い声が機内に響き渡りました。

 1、2、3組は、朝7:30の出発で一路久米島へ。沖縄料理作りなどの体験学習を1日実施しました。
 4、5、6組は、午前中、沖縄の国際通りを散策したあと、午後から久米島で体験学習を実施しました。
 7、8組は、午前中、雨の中で首里城を見学し、午後から久米島でマリン体験をしました。

 風が強く、少し肌寒いかな、という気温でしたが、高校生のパワーを十分に発揮して、水しぶきをあげながら、バナナボート、パンプライドなど、歓声をあげながら楽しみました。中には海の中に入って泳いだ生徒もいました。

 天候の関係で、夕食後の予定を少し変更して、クラスのレクリエーションをすることになりました。かくれんぼや宝捜しなどといった懐かしいゲームや、班の団結を試されるようなドッヂボールなど、いろいろなレクリエーションを通して、クラスの団結が深まりました。


国際通りのマーケット

 久米島空港。歓迎をうけました。

   競り市にて。色とりどりの魚に圧倒

   とても美しい海。言葉では表現できません。

  「ホテル日航久米アイランド」での夕食のひととき

  夕食後のクラスレクリエーション


<< も ど る >>