アクセスボタン
KUNIJIMASTYLE 大阪府立柴島高等学校 黒横ライン

Q&A

Q: 科目選択はめんどうではありませんか。
A: 科目選択は単に好きな科目を選ぶというだけではなく、自分の人生設計を考える過程そのものでもあります。 選択そのものが重要な学習です。ですから科目選択を手助けするための授業もありますし、担任等が放課後なども含めて相談に乗りますので、心配しないでください。
Q: 女子が多いと聞いていますが。
A: 総合学科に移行して以後、確かに女子の割合が多くなっています。 男子は少なめですが、その分団結して学校生活を送っていることが多いようです。 特に女子に合わせたカリキュラムをとっているわけではありませんので、ぜひ男子の方々にも多く入ってほしいと思います。

2016年5月1日現在
1年生(42期生) 男子 70名 女子 216名 合計 286名
2年生(41期生) 男子 62名 女子 217名 合計 279名
3年生(40期生) 男子 53名 女子 231名 合計 284名
     全学年  男子185名 女子 664名 合計 849名

Q: 普通科からの総合学科ということで,就職が心配なのですが。
A: 割合的に進学希望者が圧倒的に多いとはいえ、しっかりとした意識をもって就職を考える生徒は例年います。 公務員試験合格も毎年出ています、学校斡旋の就職希望者もほぼ全員内定しています。 必ず就職できることを保証するものではありませんが、今までのところすべての希望生徒が進路実現できているので、決して不利になるわけではないことがわかっていただけると思います。
Q: クラブ活動は盛んですか。
A: 部活動の加入率は、体育系36%、文化系42%で合計78%です(2015年5月)。
2015(平成27)年度は、和太鼓部、ダンス部が全国大会に出場し、軽音楽部が第36回高校・中学校軽音楽系クラブコンテスト「We Are Sneaker Age」でグランプリ大会に出場します。また、女子バスケットボール部が大阪高校総体でベスト32、公立校大会でベスト8に残りました。また、2012(平成24)年度には女子ハンドボール部が大阪高校総体でベスト8、2011(平成23)年度にはバドミントン部が大阪高校総体の団体でベスト8となりました。
 男子の少ない学校にもかかわらず野球部、バスケットボール部、サッカー部、ハンドボール部、硬式テニス部、陸上部なども活発に活動しています。吹奏楽部、美術工芸部、書道部なども活動は盛んで、校外の大会で入賞も多いです。
 また障がい者との交流サークルや朝鮮韓国文化研究会、中国文化研究会、ユネスコクラブ、ボランティア部、部落問題研究会など、人権教育を進める本校の特色にあったクラブが数多くあります。
 詳しくは「クラブ活動」のページやブログ「柴高の毎日」を見てください。
Q: 頭髪指導はありますか。
A: 本校では,高校生としてというだけではなく、社会人として通用するマナーや身だしなみについても指導をしていきたいと考えています。 その一環として頭髪や服装に関しても、生徒と話し合い指導しております。
Q: アルバイトはしても良いのですか。
A: 原則禁止です。ただ昨今の経済事情から家庭の経済上の理由でアルバイトをせざるを得ないケースは出てきています。このため、こういった理由により許可することがあります。
Q: 自転車通学はどの地域からでも可能ですか?
A: はい。許可される地域などはなく、ステッカーを購入すればどの地域からでも自転車通学は可能です。
Q: どんな行事があるのですか。
A: 大きくは行事のページをご覧ください。やはり体育大会と文化祭、校外学習・宿泊行事が大きなものでしょう。 この他、進路関係の行事(各種説明会等)や生徒会主催行事などいろいろあります。中でも4月に行われる「学校開き」や 1月に行われる「託すHR」は、先輩から後輩に対して学校集会やHRでいろいろな思いを話す場として柴島高校伝統の行事です。