全日制のトップへ 英語版

校長あいさつ

未来の三丘生へ

 私は昨年4月に着任いたしました第25代校長の山口智子でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 本校は、明治28年に「大阪府第二尋常中学校」として設立されてから、来年度に創立120周年を迎える長い歴史と伝統を紡ぐ学校であるとともに、常に進化と発展をしている学校です。

 

 平成21年に文部科学省より「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」の指定を、また大阪府教育委員会からは「進学指導特色校(グローバルリーダーズハイスクール)GLHS」の指定を受け、将来のリーダー育成をめざした教育活動をおこなっております。  


 さらに平成26年度から新たに5年間、文部科学省より「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」の指定を受け(全国で56校)、「国際的に活躍するグローバルリーダーを育成する」という使命のもと、「メリルハースト大学」の派遣教員による授業を学ぶなど、海外の大学や企業との連携など更なるさまざまな取り組みを行っております。


 また、将来のリーダーとなる生徒の進路希望を実現させるため、学習指導及び進路指導を第一の重点課題として、全教室に電子黒板を設置し、質の高い・密度の濃い授業、進路実現に向けた充実した補習・講習を実施しております。また「三丘セミナー」、「海外進学講座(TOEFL講座)」、「東京キャンパスツアー」、1年生全員の「京都大学見学会」、オーストラリア・アメリカ・台湾への「海外スタディツアー」など夢や志を育み、学力向上を図る多彩な取り組みを実施しております。
 さらに来年度27年度より隔週土曜日(基本的には第2,4土曜)午前中4限の授業を実施することとなり、より充実した教育活動に取り組んでいきたいと考えております。詳細はこちらをご覧ください。


 その他、部活動や行事もたいへん盛んな学校です。95%を越える生徒が、スポーツや文化活動に取り組み、互いに個性を磨き、全国レベル、近畿レベルで優れた実績もあげております。また、文化祭、体育祭、三丘芸術祭といった学校行事も盛んです。これらの機会を通じ、チームワーク力、考え抜く力、前に踏み出す力など、これからの国際社会で必要な基礎的な力も培っております。


 このように「自主・自立」「文武両道」「切磋琢磨」の三丘スピリットを受け継ぎながら、日々学び、活動する三国丘の生徒のようなたくましい人材が、今求められています。私たち教職員一同も、真のグローバルリーダーを育成する使命と責任を重く受け止め、全力を尽くしてまいりますので、一層のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


平成27年1月19日


三国丘高等学校長山口 智子