5つの系列に70以上の魅力的な選択科目!
一般選択科目以外に5つの系列の中から自由に、自分の個性にあわせた科目を選ぶことができます。また、箕面東の教員だけではなく、外部からさまざまな講師を招いて、参加・体験型の講座を行います。
どんな科目があるのか紹介します!

情報ビジネス

DTM入門
DTMとは、デスクトップミュ-ジックの略語で、パソコンに入れたソフトを使って、音楽を作ることです。生徒はまず、音楽ソフトの使い方を学習し、マウスで楽譜デ-タを入力し曲を演奏していく中で、楽器について学び、メロディ-にふさわしいコ-ド進行やドラムの使い方を学習していきます。また、音符や色々な音楽を表現する記号なども勉強することで、音楽表現の幅を広げて、アンサンブルも作れるようになることを目標とします。今後は、オーディオ機能を用いて、自分の声を加工し、MIDI楽器を使用した音楽作成も出来ればと思っています。
DTM入門

このページのTOPへ

国際コミュニケーション

ハングル入門(アジアの言語と文化)
日本語にはない韓国語独特な発音の法則性をしっかり身につけます。映像を使い、実際の場面をシミュレーションしながら、使える韓国語が勉強できます。知っているようで知らなかった韓国の文化を確認していき、衣・食・住に関して、日本と韓国の違いを一緒に考えながら、楽しく料理などを作り、韓国のテーブルマナーなどを学びます。又、韓国の民族衣装を着て韓国の生活を体験します。
ハングル入門(アジアの言語と文化)
異文化交流
外国人ゲストとの交流や視聴覚教材を使った学習を通じて、日本文化や自分たちを取りまく環境を見直していきます。これまで、アメリカ・インド・ベラルーシ・タイ・カナダ・中国・ペルーなど多彩な国からゲストを招きました。異文化に触れることによって視野が広まり、温暖化問題を含む環境問題・飢餓問題なども、身近なものとして捉えられるようになることを目標とします。
異文化交流

このページのTOPへ

福祉スポーツ

アウトドアライフ
半期で13回の授業です。今年は、レクリエーションと調理実習を4回、学校近辺の環境調査を5回、講義を3回、道頓堀川のボートツアーを1回実施しました。授業は実習が中心なので、どの時間も生徒はワクワクドキドキしていました。選択した生徒は、学年をこえて交流が深まり男女も仲良くなりました。
アウトドアライフ
生命を考える
乳幼児や高齢者の方々に接することにより、人とのコミュニケーションや困っている人への手助け、思いやりのこころを育てていきます。各専門分野からの講義、保育所・老人介護施設等の見学、実習を通して、自分のこころと身体について知り、生命について考えていきます。自分自身の進路について考える授業です。
生命を考える
スポーツコンディショニング
授業は講義と実技から構成されています。教室の講義では筋肉や骨の名称・トレーニングの原則・トレーニングの科学・スポーツ障害・栄養学などトレーニングを行う上で必要な基礎知識を学びます。実技は、トレーニングルームでの器具を使用したウエイトトレーニングや、グランドでの持久力トレーニングなど体力を高めるための様々な方法を学びます。 この他にも外部講師を招いて、ストレッチ・スポーツマッサージ・テーピング実習なども行い、スポーツトレーニング全般について盛りだくさんな内容を実施しています。
スポーツコンディショニング
レクリエーションスポーツA・B
レクリエーションスポーツは、スポンジテニス・フットサル・ソフトボールなどいろいろなスポーツを、学年や性別に関係なく楽しむ授業です。授業で行うスポーツはみんなで選び、2年生の男子が中心になり、班・試合内容・メンバー・ローカルルールなど決めます。特に男女混合のソフトボールやバレーボールは毎回盛り上がります!!
レクリエーションスポーツA・B
社会福祉入門A・B
特別非常勤講師として市民活動フォーラムみのお事務局長、須貝昭子さんに授業をしていただいています。授業の一環として、障がい者作業所の利用者の方や、地域で活躍されているNPO等の方を招いてお話を聞いたり、実習をしたりしてきました。いろいろご迷惑をおかけすることも多いのですが、教師以外の大人から現場の話を聴き、学び考える貴重な機会となっています。
社会福祉入門A・B

このページのTOPへ

環境・サイエンスワールド

バイオエネルギー
石油や石炭などの化石燃料は、大量に使用し続けることにより地球温暖化の原因となり、さまざまな問題を起こしつつあります。これらの問題を解決する方法のひとつに、バイオエネルギーの利用があります。この科目では、バイオ燃料の生成実験をし、地球温暖化をくいとめるためのいろいろな内容を学習します。あわせてこの授業を担当する外部講師の先生の農地で、実習(米作り)も行います。
バイオエネルギー
ひとと環境
環境問題についての基礎的な知識を習得し、環境問題の原因を科学的に把握する力と体系的に理解する力を養います。また、ひとと自然の関わりに興味を持たせ、環境に配慮して生きる態度を育みます。前期では世界的な視野から環境問題を扱い、後期では地域の自然環境を教材として簡単な実習も交えながら授業を進めます。
ひとと環境
身近な植物
身近な植物では、生徒たちが、植物と接することで心が癒されることを目的としています。授業で習った技術を日常生活で生かすことで、緑のある暮らしを演出することができればなと思っています。
【実習内容例】プランターの植栽、植え替え、草刈り、植木の剪定、ジャム作り、干し柿作り、わらじ作り、風鈴作りなど。正門前には花時計、中には約100鉢のプランターが並んでいます。生徒たちとPTAの方々が一緒になって植え替えたものです。
身近な植物

このページのTOPへ

人文・アート

劇表現
演劇界の第一線で現役で活躍しておられる講師の先生から、直接に演劇の練習法を学びます。発声やコミュニケーション法を活用することによって、自分を表現する楽しさを学ぶことができます。演技とは、特殊な様式を持つ難解なものだけではなく、日常にありふれているちょっとした行動やしぐさなどを、あらためて再認識し、効果的に再現していく作業でもあります。ここで学んだことが、生活の中でよりいっそう豊かな表現を生み出していける手段になることを目標にしています。
劇表現
ファッションマテリアル(高大連携科目)
大阪成蹊大学芸術学部との高大連携授業です。作品制作を通して、被服素材に関する専門的な技術を学びます。ファッション素材である糸・布・ウールなどを使い、染色・プリント・織物・フェルト加工などを体験します。
【実習内容】シルクスクリーンのTシャツプリント、オパール加工のプリント→バッグに縫製、羊毛のフェルト加工→コサージュ・小物作り
ファッションマテリアル(高大連携科目)
楽器と文化
身近にある楽器から普段目にする機会のないものまで、様々な楽器について成り立ちや歴史について学習し、演奏する授業です。 一人、少人数のグループ、クラス全体などで演奏し、それぞれの楽器の良さや演奏の楽しさを感じてもらえたらと思います。
【演奏する楽器】ミュージックベル、ギター、マンドリン、キーボード、リコーダー、和楽器(三線・箏など)、木琴、鉄琴、打楽器など
楽器と文化
紙の造形
紙を折る、曲げる、切るだけでなく紙の素材を知り造形や表現の幅を広げる。絵具や接着剤などを用いてオブジェからデザイン的な作品を制作する。空間やインテリア,アクセサリーへの応用も考える。
紙の造形
工芸入門A・B
手作業で「つくる喜び」を体感し、手作業ならではの良さを感じる事がテーマです。デジタルな時代でも、現代の感覚にアナログな手法を加えて、造形への興味・関心・能力を高めるのが目的です。
【課題内容】A前期/木工、七宝、ガラス、発泡スチロール、竹工などから2~3課題 B後期/革、金工、アクリル、籐、陶芸などから2~3課題
工芸入門A・B
食文化
専門学校で日本や世界(とくに西洋)の食文化について講義および実習〔西洋料理、日本料理、製パン、製菓、カフェ〕をします。授業を通じて食の業界に興味を持たせる徒とともに、調理師の業務や社会的役割、衛生管理について理解を深めます。
食文化

このページのTOPへ