設備・施設

箕面東高校の航空写真箕面東高校の敷地面積は42,782㎡
建物の敷地面積が18,061 ㎡
運動場の敷地面積が17,634 ㎡
校舎は南館と北館に分かれており、渡り廊下で行き来できるようになっています。両館ともに4階建てです。
学校全体

【新しくできた施設】

新しくできた施設

【南館】
主にHR教室があります。各階を年次ごとに振り分けて使用しており、2階に卒業年次生、3階に中間年次生、そして4階に入学年次生の教室があります。各階に「チューター室」と呼ばれる部屋が設けられており、各年次の担任の教員が職員室として使用しています。また「総合実習室」「展開教室」などがあり、授業の内容に応じて使用できるように設置されています。

南館の施設

【北館】
主に実習を伴う授業に使用される教室があります。

北館の施設

他にも、「物理実験室・講義室」「化学実験室・講義室」「被服教室」「作法室」があります。

二つの校舎の間には中庭があり、花々をあしらったプランターを設置したり、 箕面市のシンボルである紅葉などの樹木が植えられています。

外には 体育館、 グラウンド、 プール、 テニスコート、 野外バスケットボールコート といった運動施設があります。また、生徒や教職員が利用する「食堂」もあります。

その他の施設

このページのTOPへ