校長より

「夢をカタチに!」

学ぶチカラ、頑張るチカラ、人間関係づくりのチカラ、自分を表現できるチカラ、 この4つのチカラを在学中に身につけ「夢をカタチに」することのできる生徒を育成します。



岬高校だより(平成28年度 5月9日編)


 新年度がスタートしてから、1ヶ月です。GWも終わり、新緑のまぶしい季節となりました。
 この間4月14日及び16日に、熊本県において大きな地震が発生しました。今もなお、たびたび地震が発生しています。災害で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆さんが一日も早く元の生活に戻れるよう願っております。
 生徒のみなさんは、学校生活が始まってから約1か月が経ちました。
 4月28日には、校外学習が行われました。1年生は新しい学校で、2、3年生は新しいクラスで仲間づくりをしていただいたことと思います。

エンパワメントスクールが始まりました。
 この4月から岬高校は、エンパワメントスクールとして新たなスタートをきりました。1年生のみなさんはエンパワメントスクール1期生です。長い階段に「もうムリ」と言いながらも毎日頑張って登校しています。1年生の皆さんの生活をご紹介します。

始まりの時間が早くなっています。
 1年生のみなさんは、2・3年生とは異なり、学習活動が8時30分に始まります。まず、10分間のウェイク・アップタイムで、1日の予定を確認するなど、学習する姿勢をしっかりと準備します。その後、5分間の休憩を経て、2・3年生の1限目と同じ8時45分から一つ目の授業が始まります。

毎日30分、少人数の講座で国語、数学、英語の基礎基本を確認します。
 エンパワメントスクールの最大の特徴の一つです。国語、数学、英語の基礎基本を高校生の立場で確認していきます。30分間ですが、一日のうちでも集中力の高い午前中に毎日取り組むことにより、学習内容がしっかりと身についていきます。

エンパワメントタイムで考える習慣をつけていきます。
 「考える時間」や「産業社会と人間」において、答えが一つではない課題に対して自分なりに考えてみたり、自分のことを改めて見つめ直したりします。また、その活動を通して様々な意見や主張があることに気づくとともに、協力して問題を解決していく力を養います。

新入部員を迎え、部活動も活発に行われています。
 学校生活を楽しむための一つのツールが部活動です。同じ趣味や目標を持つ人が集まって充実感や達成感を味わい、楽しんでいただきたいと思います。授業とは違って自主的な活動ですが、部活動が高校生活の大きなウェイトを占めている人もいます。すでに多くのクラブでフレッシュな新入生の姿を見ることができます。2年生のみなさんは先輩となり、3年生のみなさんは最上級生となりました。しっかりと後輩をリードしてあげてください。そしてみんなで仲良く楽しく盛り上げて行ってほしいと思います。まだ体験入部だという1年生のみなさんもいると思いますが、是非入部して続けてください。


ページのトップへ戻る