三島から始まる、夢から目標への挑戦

沿革・校章由来・校歌

沿革

三島高校は、昭和45年大阪府立で第69番目の高等学校として創設されました。

昭和44年3月 府議会で設立決まる。6月 校地内遺跡(郡家今城遺跡)の試掘始まる
昭和45年4月 大阪府立三島高校開校。11月2日を創立記念日とする
昭和47年5月 体育館・プール竣工。 12月 テニスコート竣工、中庭造園
昭和48年2月 校舎竣工記念誌「創生」発行
昭和54年11月 体育館で創立10周年記念式典
昭和56年2月 校歌制定
平成2年 2月 高槻市民会館で創立20周年記念式典。3月「三島高校20年史」発行
平成12年4月 創立30周年
平成18年4月 文部科学省「学力向上拠点形成事業」指定校
平成21年10月 高槻現代劇場で創立40周年記念式典

校章の由来

校章

円内の3つの輪は三島を表すと共に、教育の三要素である知育・徳育・体育も表している。それを包む外円は全人格を示している。円に切れ目があるのは余裕と幅のある人間への発展を期待したものである。
なお、府立で第69番目に誕生した学校であることを記念して外側円の各半弧と内円の外側円でそれぞれ6と9を構成している。

大阪府立三島高等学校 校歌

大阪府立三島高等学校 校歌
校歌の音源はこちら