テキストページ  標準

学部・学科紹介(高等部専攻科は専修部となっています。)

幼稚部

3歳児から5歳児に対して健康・表現・言葉・人間関係・環境などを中心とした幼稚園と同じ教育のほか、自立活動の学習をします。

小学部

小学校と同じ教育課程の授業と、週1〜2時間の自立活動の時間を設定しています。児童の障がいによる困難を克服するために必要な知識・技能・態度および習慣を育成する指導を行います。視覚障がいのほかに他の障がいをあわせ有する児童には自立活動の学習を中心とした指導を重点的・系統的に行っています。

中学部

生徒に応じた3種類の教育課程を基本にして教育活動を行っています。授業では個々の状況に応じた学習の基礎、基本を重視し、生活技能、運動・感覚機能、体力の向上をはかっています。学校行事や生徒会活動を通して、集団生活に対する能力の向上をはかっています。

高等部本科普通科

高等学校と同じ教育課程で授業を行っています。そのほかに週1時間の自立活動の授業で、視覚障がいから起こる困難を克服するために必要な知識・技能・態度および習慣を身につけます。視覚障がいのほかに他の障がいをあわせ有する生徒には生活学習や作業学習を取り入れた自立活動の授業を重点的・系統的に行っています。

専修部保健理療科

あん摩マッサージ指圧師の資格を取得するため、医学の基本に関する内容の授業とあん摩実技等の基礎実習、臨床実習等を学習します。

専修部理療科

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の資格を取得するため、医学一般に関する内容および東洋医学に関する専門的な内容、はり実技、きゅう実技、あん摩実技等の基礎実習、臨床実習等を学習します。

専修部理学療法科

理学療法士の国家資格を取得するため解剖学・生理学・リハビリテーション医学・整形外科学等の専門基礎科目や運動療法・日常生活活動等の専門科目、さらに病院等での臨床実習の学習をします。

専修部柔道整復科

柔道整復師の国家資格を取得するため解剖学や生理学、整形外科学や リハビリテーション医学などの
専門基礎科目のほか、専門科目である 柔道整復学(理論・実技実習)などを学習します。

 

このページのトップへ
高等部本科普通科 高等部本科音楽科 専修部保健理療科・理療科 専修部理学療法科 専修部情報処理科 専修部音楽科