保護者・在校生


学校教育自己診断

平成27年度学校教育自己診断回答のまとめです。

H28年度学校教育自己集計(pdf)

平成28年度学校教育自己診断分析のまとめです。

H28自己診断まとめと分析1

H28自己診断まとめと分析2

※申し訳ありませんが、pdfは横向きで表示されます。

 

授業アンケート

平成28年度授業アンケートのまとめです。

H28授業アンケート結果(pdf)

 

台風による警報発令時の措置について

警報発令時の措置

@ 午前7時現在、大阪府全域または南河内あるいは居住地域に「暴風警報」が発令中の場合は、自宅待機とする。

A 午前7時より8時30分までに「暴風警報」が解除、または「注意報」になった場合は3時限目以降の授業を実施する。

B 午前10時までに「暴風警報」が解除、または「注意報」になった場合は5時限目以降の授業を実施する。

※ このケースで、期末考査後授業・補充授業期間・短縮授業期間など下膳中にのみ授業が設定されている日は、臨時休校扱いとします。但し考査期間中の場合には、別途連絡することになります。

C 午前10時に「暴風警報」が解除されていない場合は臨時休校となります。

※ 尚、別途授業日が変更追加されます。

※ 通常校時日の警報発令時の措置については、生徒手帳でも確認できます。


(注意)

 「暴風警報」以外の警報(大雨、洪水など)の発令では休校になりませんので注意してください。

 但し、「暴風警報」以外の警報(大雨、洪水など)の発令があり、住居地域や通学路で危険が認められるものは登校を見合わせること。

 また、いずれの場合もテレビ等の情報に注意をし、特別の指示(大阪府教育委員会から)があればそれに従い、ない場合は上記にしたがうこと。



保健室より

保健通信

保健通信第5号(平成29年9月27日)

保健通信第5号(pdf) 

保健通信第4号(平成29年7月20日)

保健通信第4号(pdf) 

保健通信第3号(平成29年6月1日)

保健通信第3号(pdf) 

保健通信第2号(平成29年5月9日)

保健通信第2号(pdf) 

保健通信第1号(平成29年4月14日)

保健通信第1号(pdf) 

保健通信第5号(平成28年11月30日)

保健通信第5号(pdf) 

保健通信第4号(平成28年10月20日)

保健通信第4号(pdf) 

保健通信第3号(平成28年7月19日)

保健通信第3号(pdf) 

保健通信第2号(平成28年6月1日)

保健通信第2号(pdf) 

保健通信バックナンバー  <<ここを押すとバックナンバーが見れます。>>



「出席停止」となる「感染症」

医師の診断を受けて、次の表にある「感染症」と診断された場合、学校に登校してはいけません。
「出席停止」の扱いとなりますが、「感染症」の種類によって「出席停止」期間が違います。
* 「感染症」と診断されれば、速やかに学校(教頭と保健室)に連絡してください。
* 登校できるようになってから、医師の「意見書」を担任に提出してください。

  病  名 出席停止期間の基準
第1種 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、SARS(重症急性呼吸器症候群)、鳥インフルエンザ(H5N1) 治癒するまで
第2種 インフルエンザ(鳥インフルエンザを除く) 発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで、又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻しん(はしか) 解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫張が発現した後5日間を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで
風しん(3日はしか) 発疹が消失するまで
水痘(水ぼうそう) すべての発疹が、かひ化するまで
咽頭結膜熱(プール熱) 主要症状が消退した後2日を経過するまで
結核、髄膜炎菌性髄膜炎 病状により、学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで
第3種 コレラ、細菌性赤痢
腸管出血性大腸菌感染症(0ー157)
腸チフス、パラチフス
流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎
その他の感染症
・感染性胃腸炎、マイコプラズマ肺炎、ウイルス性肝炎等
病状により、学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで

 

感染症の意見書

感染症意見書 ←ここをクリックするとPDFデータがひらきます。

 

奨学金について

 向学心に富みながら経済的理由により修学困難な学生、生徒に対し、経済的に支援を行い、教育の機会均等等を図るため、奨学金の制度があります。

名称 貸与額 募集期間
日本学生支援機構 第一種(無利子)(自宅通学:月額)
短大・・45000円〜53000円
大学・・45000円〜54000円
専修・・45000円〜53000円
第二種(有利子)年1.5%(H.21.3)
大学・短大・専修
3万円、5万円、8万円、10万円、
12万円から選択
大学等予約募集
第一種 4月上旬〜
6月上旬
第二種 4月上旬〜
8月末
大阪府育英会 授業料+10万円(無利子) 在学募集(高校在学生)
4月中旬〜4月下旬

上記以外の在学生向け奨学金としては、美原奨学生、船井奨学会、奥村奨学会、南海電鉄交通遺児育英基金、川口交通遺児育英会、山野登一奨学基金、是川奨学財団などがあります。
お問い合わせは、進路指導部までお願いします。

 

日本学生支援機構の奨学金制度

第一種奨学金(無利子)
申込資格 大学・短期大学・専門学校に進学を希望し、下記のいずれかに該当する人
(1)平成24年3月末に高等学校を卒業する予定の人
(2)高等学校を卒業後、2年以内の人で、大学・短期大学・専門学校に入学したことのない人
申込先 申込資格(1)の場合、在校している高等学校(長野高校進路指導部)
申込資格(1)の場合、卒業した出身高等学校(長野高校進路指導部)
募集時期 概ね4月から6月下旬 (詳細な日程は、高等学校に確認してください)
学力基準 高等学校の1年から申込時までの成績の平均値が3.5以上
現役生徒の場合は高等学校2年まで、卒業生の場合は高校3年間の成績
家計基準 家計の基準額は、世帯人員によって異なります。
家計支持者(父母、父母がいない場合は代わって家計を支えている人)の収入
金額が選考の対象となります。源泉徴収票などの書類が必要となります。
(1)給与所得者…源泉徴収票の支払金額(税込み)
(2)給与所得者以外…確定申告書等の所得金額(税込み)
4人世帯の収入・所得の上限額の目安
(1)給与所得者…890万円    (2)給与所得者以外…404万円

第二種奨学金(利息付)
利息 年利3%を上限とする利息付、ただし、在学中は無利子
申込資格 大学・短期大学・専門学校に進学を希望し、下記のいずれかに該当する人
(1)平成24年3月末に高等学校を卒業する予定の人
(2)高等学校を卒業後、2年以内の人で、大学・短期大学・専門学校に入学した
申込先 申込資格(1)の場合、在校している高等学校(長野高校進路指導部)
申込資格(1)の場合、卒業した出身高等学校(長野高校進路指導部)
募集時期 年3回で、概ね以下の時期 (詳細な日程は、高等学校に確認してください)
 第1回…4月から6月下旬
 第2回…10月上旬
 第3回…12月中旬
学力基準 (1)高等学校における学業成績が平均水準以上と認められる者
(2)特定の分野において特に優れた資質能力を有すると認められる者
家計基準 家計の基準額は、世帯人員によって異なります。
家計支持者(父母、父母がいない場合は代わって家計を支えている人)の収入
金額が選考の対象となります。源泉徴収票などの書類が必要となります。
 (1)給与所得者…源泉徴収票の支払金額(税込み)
 (2)給与所得者以外…確定申告書等の所得金額(税込み)
4人世帯の収入・所得の上限額の目安
 (1)給与所得者…1142万円   (2)給与所得者以外…656万円

予約奨学金の申し込みは、高校を通じて行いますので、学校での奨学金説明会に保護者の方もお子さんと一緒にご出席ください。
詳細については、日本学生支援機構のホームページを見てください。
  大学         リンク先:http://www.jasso.go.jp/saiyou/daigaku.html
  短期大学  リンク先:http://www.jasso.go.jp/saiyou/tandai.html
  専門学校  リンク先:http://www.jasso.go.jp/saiyou/senshu_senmon.html

 

証明書等の交付について

※卒業生の進学調査書などの証明書等の交付は有料(1通400円)となっています。
事務取扱について  ←ここをクリックするとPDFデータがひらきます。
証明書等交付申請書  ←ここをクリックするとPDFデータがひらきます。

 

学校納付金について

28年度学校納付金(ホームページ用)

 

PTA活動

学年ごとの学年委員会と文化、会報、国際交流の3つの委員会があります。
それぞれの委員会単位で活動をおこなっています。また、秋には社会見学を行っています。

 

1年学年委員会

岩湧山への耐寒登山は、例年、1年生の2月におこなわれています。
1年PTAは、登山を終えた生徒たちを温かい「うどん」でもてなし出迎えています。

 

2年学年委員会

毎年緑化活動を年に2回行っています。
今年度1回目として11月16日(月)中庭花壇にビオラやパンジーの花苗を植えました。
12月には葉ボタンを植える予定です。

 

3年学年委員会

外部模擬試験を主催し、その受付を行っています。

 

文化委員会

 文化講習会は、文化祭の模擬店で出す「ベルギーワッフル」の実習をおこなっています。
 講師は、本校フランス語教員の前本ベネディクト先生です。

 

国際交流委員会

本校の姉妹校であるオーストラリア・サンベリー校から2年に1回、訪問団が来日します。

 

会報委員会

 年2回発行するPTA会報「翠峰」の企画、原稿集め、割り付け、校正をおこなっています。

 

PTA社会見学会

10月17日(土)秋晴れの一日、本校PTA社会見学会をおこないました。 ヒルトン大阪35階のレストランでランチをいただいた後、劇団四季による「ライオンキング」を鑑賞しました。 今回、本プログラムを実施したところ予想を上回る総勢60名の参加をいただきました。

 

40周年記念式典について

長野高校は、平成24年度に40周年を迎えました。
同年11月に記念式典を開催し、第53回グラミー賞の「最優秀ニューエイジアルバム賞」を受賞されたアメリカ在住の琴演奏家松山夕貴子さんの公演を行いました。
松山夕貴子さんは本校6期生ですので、平成24年4月に来日された際、本校にもお越しになり、受賞の報告をしていただきました。写真はその時の様子です。