平成28年度 西寝屋川高校 学校教育自己診断の結果

保護者のみなさまへ

校長 田尻 由美子

保護者の皆さまには、本校の教育活動について、日頃より多くのご理解とご協力をいただき、心より感謝申し上げます。

平成28年度学校教育自己診断アンケートの結果について、報告いたします。

 アンケートは、各設問4段階で評価していただきました。上位2段階が肯定的な評価となります。
   
               生徒調査集計表へ         保護者調査集計表へ
   

【全般】

 生徒アンケートには昨年度より設問を5つ増やし、全25問としました。昨年度より肯定率が向上した設問の割合は、生徒85%、保護者20%、教職員56%。保護者の肯定率の割合が落ち込んでいますが、数値の変化はほとんどみられませんでした。「先生は子どもの評価を適切・公平に行っている」83.7%「学校は保護者の相談に適切に応じてくれる」86.2%と、保護者の高い評価を得ており、今後もご家庭と連携を取りながら、さらなる取り組みを進めてまいります。

【学習指導等】

 「学校に行くのが楽しい」71.4%「先生は生徒の話をよく聞いてくれる」74.6%「先生は、自分が努力したことを認めてくれる」77.7%といずれも70%以上の高い評価を得ている反面、「授業は分かりやすく楽しい」53.5%と低く、ICT機器が充実していないことや、学校の図書室利用率が32.9%と低く活字離れが影響しているのかも知れません。分かりやすく楽しい授業の実現のため、読書習慣やアルバイトに対する指導を含めた家庭学習の在り方を改善し、学力向上の取り組みを進めていく必要があると考えます。

【進路指導】

 「将来の進路や生き方について考える機会がある」84.9%、「学校は進路についての情報を知らせてくれる」82.6%と高い評価で、昨年度のポイントを上回っています。『キャリア教育の充実』が生徒の満足を得られる形で実施されていると思います。

【生徒指導等】

 今年度の遅刻回数は、昨年度より激減しています。平均して年間1人あたり約7回遅刻していたのが、約4回にまで減ったということです。学校の基本である授業を大切にしようという姿勢のあらわれです。「生活規律や学習規律などの生活習慣の確立に力を入れている」「命の大切さや社会のルールについて学ぶ機会がある」が76%、「挨拶は自分から進んで行うよう心掛けている」71%。保護者の方も生徒指導の方針に共感し(76%)、日頃から学校と保護者とが連携して学校生活の充実に努めていることが窺えます。

 本校教職員も様々な場面で相互の連携を図りながら「チーム西寝屋川」として、日々生徒の指導に取り組んでおります。今回のアンケート結果を踏まえ、教職員一同、本校教育の一層の充実に努めてまいりますので、今後ともご理解ご協力をお願い申し上げます。