大阪府立大塚高等学校
アクセス/交通/地図/map
在校生の皆さんへ
保護者の皆さんへ
学校協議会
卒業生の皆さんへ
中学生とその保護者の皆さんへ
サイトマップ


校長室



ようこそ、大塚高校のホームページへ。

 4月1日付けで大塚高等学校校長に着任いたしました 酒井 智(さかい さとし)でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
 本校は、昭和58年に普通科高校として開校以来、『豊かな人間形成と創造力を育む』ことを基本理念とし、価値観の多様化や国際化が著しく進展する激動の現代社会において、社会的自立・社会貢献のできる人物の育成に努めてきました。
 平成4年には、普通科に加え、新たに府立高校として初の体育科を設置し、校訓として普通科は創立時の「創造」、体育科は「流汗求道」を掲げ、互いに切磋琢磨しながら、一人ひとりのニーズに応じた教育活動を展開しています。
 具体的には「生徒の第一希望をかなえる進学にも就職にも強い学校」をめざし、実社会で生き抜くための基本姿勢である「遅刻・欠席をしない。」「時間を守る。」「挨拶をしっかり行う。」「言葉づかいや話を聞く態度を大切にする。」をしっかりと身に付けさせることを重点に指導しながら、普通科は「多様な生徒の幅広い教育ニーズに応え、地域に根ざした学校」、体育科は「競技力の向上と府民のスポーツの振興、発展の拠点校としての学校」づくりを推進してきました。
 これまでの普通科約9,500名、体育科約1,900名を越す卒業生の皆さんのたゆまぬ努力の結果、進学実績においては、年々、国公立大学や難関私立大学への進学者も増えており、部活動においても、平成27年度全国高校総体での男子バレーボール部、陸上競技 女子7種競技においての優勝をはじめ、多くのクラブが輝かしい成績を収めるなど、まさしく文武両道と呼ぶに相応しい実績を挙げています。
 引き続き「知育・徳育・体育」のバランスのとれた教育を推進し、社会に通じる有能な人材の育成するため、教育における「不易」と「流行」を十分に見極めつつ、大塚高校として「守っていくべきこと」「変わらなければいけないこと」を空から見渡す「鳥の目」、地上から見上げる「虫の目」で捉え、冷静且つ慎重に「一人の生徒」はもちろんのこと、「一人ひとり、すべての生徒」にとって何が必要であるのか、学校としてやるべきとは何かを考えていきます。
 普通科・体育科の生徒一人ひとりか゛「大塚高校に入ってよかった」「大塚高校を卒業してよかった」と思える学校をめざし、これからも、教職員が一体となり、教育活動に邁進してまいりますので、皆様の温かいご理解とご支援をお願い申し上げます。 

平成30年4月1日

大阪府立大塚高等学校長 酒井  智


                    

「トップページに戻る」