現在位置:トップページ > 学校概要 > 校長あいさつ

校長あいさつ


 中央聴覚支援学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 校長の、北口直樹(きたぐちなおき)です。
 引き続きよろしくお願いします。

 本校は、明治33年に五代五兵衛翁が「私立大阪盲唖院」を創立したところから始まり、明治40年に大阪市に移管され、昭和23年に「大阪市立聾学校」と改称しました。平成28年4月の大阪府移管に伴い「大阪府立中央聴覚支援学校」と改め、今年で創立118周年を迎えます。

 教育理念は、創立以来「子どもたちの豊かな人間性・社会性の発達を願い、一人一人に応じた教育を行うこと」を基本方針にしています。「平成30年度の学校経営計画」において、めざす学校として、「子どもたちが豊かな人間性と社会性の発達を願い、自立と社会参加及び貢献に向けて、一人ひとりに応じた教育を行うこと」としています。

 具体的には、

  1. 地域と協感し、より安全で安心して学ぶことができる学校
  1. 家庭と共感し、子どもたちの夢がかなえられる学校
  1. 地域の学校園への橋感となり、様々なニーズに対し適切に支援できる学校

 聴覚障がい教育を取り巻く状況は、情報機器や補聴器の発達と人工内耳の普及、手話言語条例の交付施行など大きく変革していますが、子どもや保護者が「本校を選んでよかった」「仲間に出会えて幸せ」と実感できるよう、教職員の専門性の維持・向上に努めるとともに、教育活動の充実に取り組みまして、保護者の方々のご期待に応えていきたいと思っています。

 今後とも本校教育の推進に対しましてご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。



大阪府立中央聴覚支援学校  第25代校長  北口直樹



校長あいさつ学校紹介教育目標沿革学校評価
おおさか ふ りつちゅうおうちょうかくしえんがっこう
大阪府立中央聴覚支援学校

top学校概要学部紹介地域支援配布文書アクセス