ヘッダの準備中です

小学部

児童の視覚障がいの状態に応じて、点字または普通文字を使用して学習しています。学習にあたっては、触察教材、拡大教材・自助具・補助具・拡大レンズの使用、コンピューターの活用など、指導方法を工夫しています。

重複障がいの児童には、さまざまな人や物などと、豊かに関わる力を育む指導を工夫しています。

指導の上で5つの「豊かに」を大切にしています

  1. 遊びや日常生活を豊かにする取り組み
  2. 触知覚、視知覚を豊かにする取り組み
  3. 視力以外の感覚を豊かにする取り組み
  4. からだの動きを豊かにする取り組み
  5. 人との関わりを豊かに、社会性を豊かにする取り組み

年間の主な行事予定

1学期
入学式、始業式、授業参観・全体懇談会、前期児童会選挙、春の校外学習(全学年)、家庭訪問、体育大会、小学部見学会(幼稚部対象)、宿泊学習(5年生・1泊2日)、児童会夏祭り、学期末個人懇談会
2学期
授業参観、秋の校外学習(全学年)、後期児童会選挙、芸術鑑賞会、修学旅行(6年生・1泊2日)、入学希望者個別説明会、文化祭、ふれあい動物園、学期末個人懇談会
3学期
授業参観、卒業生を送る会、小学部入学説明会、学期末個人懇談会、卒業式、修了式

春秋の校外学習とは別に、各クラスごとの社会見学が年間に1〜3回程度実施されます。

交流教育

「総合的な学習」では、さまざまな取り組みとともに交流教育も行っています。

学校名主な交流内容
大阪市立豊里小学校行事・クラブ
大阪市立弘済小学校行事
大阪府立大阪南視覚支援学校行事