校舎

各種奨学金

「各種奨学金」に関しては、学校は窓口あるいは相談を受ける場です。年度により、奨学金の額や条件等が変更される場合があります。

定通制修学奨励費(卒業すれば返還しなくてよい)

11月2日(金)19時10分~ 本校にて説明会を実施します。申込希望者は、生徒本人あるいは保護者様が参加ください。

仕事をしながら定時制、通信制に通う勤労学生に対する奨学金です。

途中退学した場合は、貸与された全額を返還しなければなりません。

年額 108,000円 (3回に分けて貸与) 

ただし、大阪府が実施する「奨学のための給付金」を受給できる方は

108,000円ー「給付金の決定金額」=貸与額

貸与条件(以下のすべての条件に当てはまっていること)

  • 生徒が35歳未満であること。
  • 大阪府育英会の奨学金(10万円)を借りていないこと。入学資金貸付(5万円)は借りていてもよい。
  • 生徒自身が年間120日以上働く見込みがあること。新入生は9月から翌年3月までの間に60日以上働く予定があること。 勤務先に書いてもらう書類で証明します。
  • 生徒と保護者(親権者)の府民税所得割額と市町村民税所得割とを合算した金額が、それぞれ85,500円未満であること。(住民税決定通知書に記載されています)
  • 生徒の7月末までの出席日数が半分以上であること。

堺市奨学金(給付)

堺市では経済的理由により、高校などで修学するのが困難な新1年生が対象です。申請は直接、堺市にすることになっています。 ただし、大阪府が実施する「奨学のための給付金」を受給できる方は除きます。

年額 32,000円(給付)

給付条件

  • 新1年生
  • 保護者等(親権者全員)の合計所得額がおおむね次の基準額以下の世帯であること。
基準額
家族数 2人 3人 4人 5人 6人
基準額 203万円 252万円 282万円 333万円 368万円

※家族構成の年齢等により、基準額は異なります。

大阪市奨学費 (給付)

大阪市に住んでいて市民税が非課税の世帯(生業扶助を受けている生活保護世帯を除く)の生徒が対象です。 学校に支払った諸費(修学旅行積立金を除く)のほかに、定期券代・通学用のカバン・クツ・自転車などの費用を請求することができます。

年額 最大10,7000円

大阪府育英会(貸与)

大阪府内に住所を有する方の保護する生徒で、高校に在学し、経済的理由のため修学が困難な方に学資を援助し、 教育の機会均等を図ることを目的としています。卒業後必ず返還しなければなりません。

年額 最大100,000円

貸与条件

  • 生徒の保護者(親権者)または独立生計を営む生徒は、大阪府在住であり、その合計所得が大阪府育英会の定めた基準 (「市町村民税所得割額」が251,100円以下であること。(子ども2人の4人家族で年収約800万円未満)

教科書無償給与と給食費補助

府立高等学校定時制及び通信制の課程に学ぶ生徒に教科書の無償給与を行う。

▲PAGE TOP