本文へスキップ

大阪府立佐野工科高等学校(全日制)

〒598-0012 大阪府泉佐野市高松東1-3-50
TEL 072-462-2772
FAX 072-461-2362


学校生活

部員構成:8名
活動日:毎週金曜日の放課後 化学教室にて

活動内容
 理科部は毎週金曜日の放課後に化学教室で物理実験や化学実験、簡単なものづくりなどをしています。ヨウ素実験、ブラックバーン振り子、巨大シャボン玉、熱気球など色々な実験や工作を行いました。
 また、青少年のための科学の祭典「サイエンス・フェスタ」大阪大会にも参加するなど、校外においても活動を行っています。
 興味がある人は一度、クラブを見に来てください。

●2012年5月21日 皆既日食観測会
 5月21日朝の7時半頃、太陽が月に隠されてリング状に見える金環日食がありました。約300年ぶりに大阪で見れるという大変珍しい現象ですので校内にて観測会を開催しました。

 朝6時頃より機材を準備しましたが、この日は早朝より厚い雲に覆われ、雲が薄くなった所から太陽が時々顔を覗かせるといった状況でした。

 今回は見ることが出来ないかな・・・と諦めかけていたのですが、7時15分頃より急に雲が切れ、一気に快晴に! 集まった大勢の生徒たちから歓声が上がりました。そして金環日食になった瞬間、さらに大きな歓声が上がりました。
金環日食1金環日食の最大
金環日食の終了観測風景
 太陽がリング状に見える時間はわずか約2分半。この短い間ですが、参加した生徒はこの世紀の天体ショーを目に焼き付けていました。次に大阪で金環日食が見れるのは西暦2312年、300年後になります。

●2012年6月6日 金星の日面通過
 続いて、6月6日に金星が太陽の前面を通過する「金星の日面通過」の観測会を開催しました。金環日食に比べるとインパクトは少ないですが、次に見れるのは105年後でかなり珍しい天体現象です。開始から終了まで約6時間かかるということで、休み時間ごとに中庭にて観測を行い、そのたびに多くの生徒が観測をしに来ました。
金星の日面通過
上の方にホクロのように見えるのが金星です。

●青少年のための科学の祭典2013大阪大会 優秀賞受賞
 8/17(土)18(日)に、大阪梅田ハービスホールにて開催された「青少年のための科学の祭典2013大阪大会 サイエンス・フェスタ」に、本校の理科部が出展し、「撥水(はっすい)効果を体感してみよう」として、撥水の実験の展示を行い、優秀賞を受賞しました。
 全体で100件近い団体のブースや工作教室があり、たくさんの来場者でにぎわうこのイベントに、本校の理科部も昨年度に引き続き出展いたしました。連日200名を越える方にブースでの実験に参加してもらい、大盛況の出展となりました。会場に持ち込んだハスを使っての撥水の体験や砂に撥水性を持たせたマジックサンドの実験は、来場者のちびっこから大人まで、たくさんの人に喜んで実験してもらうことができました。

 また、参加している他の団体の方も見学に来られ、マジックサンドの作り方など熱心に質問される先生もおられるなど、どんどん理科の輪が広がっていき、これからのクラブ活動にも、意欲がわいてくる意義ある取り組みのできた2日間となりました。

●サイエンスフェスタ2012 大阪大会
優秀賞を受賞しました。

●クレオ大阪東夏祭り2012
「高校生と楽しむ化学のふしぎ」に講師として参加しました。

●サイエンスフェスタ2011 大阪大会
関西サイエンス・フォーラム理科奨励賞・優秀賞を受賞しました。

これまでに行った主な活動
調理
ポップコーン・シャーベット・アイスクリーム・焼きそば(染色)
物理
電球づくり・ピンホールカメラ・ペットボトルロケット・ペーパーハンググライダー・単極モーター・ピタゴラスイッチ・静電気モーター
化学
銀鏡反応・廃油ろうそくづくり・はがきづくり・金属樹の生成・巨大シャボン玉・スーパーボールづくり