1. ホーム
  2. 校長挨拶

校長挨拶

校長先生の写真

大阪府立佐野高等学校長
淺井 宏純

 ★☆未来の社会をリードする人材育成☆★

 ようこそ、佐野高校のホームページへ!アクセスいただき、ありがとうございます。本年4月1日付けで着任いたしました、校長の淺井宏純(あさい ひろずみ)と申します。よろしくお願いいたします。      
 本校は、明治36年に佐野村立裁縫学校として開設されて以来、今年で創立116年を迎える、府内でも有数の伝統校であり、卒業生のほぼ全員が大学へ進学する進学校でもあります。さらに、平成3年にはこれまでの普通科に併せて国際教養科が設置され、グローバル化する社会へ対応すべく革新的な進化を続けています。卒業生は27,000人にとどこうかという人数で、地元ではもちろんのこと、社会の様々な分野で活躍する多くの有為な人材を輩出してきました。このような確かな歴史と伝統に裏打ちされた素晴らしい教育環境のもと、本校は、「未来の社会をリードする人材育成」をめざし、日々の教育活動に取り組んでいます。 今、高校・大学教育は大きく変わろうとしています。これまでは、「知識」「技能」を習得することが重視されてきましたが、これからは、その習得した「知識」「技能」を活用しながら、自ら課題を見つけ、積極的にその課題解決に取り組むための「思考力」「判断力」「表現力」、更には、主体性をもっていろいろな人々と協働しながら取り組む態度が求められます。 本校では、そのような確かな学力の育成のために、授業改善に積極的に取り組み、グループ活動やペアワークを取り入れながら、自分の考えをまとめたり発表したりする機会の多い授業を行っています。さらには、今年度の1年生から、授業として「課題研究」を導入、そしてこれまでの英検に替えて全員に「GTEC」を受験させるなどの取り組みを行います。 また、平成24年には「ユネスコスクール」に加盟し、欧米やアジアの様々な高校と相互に生徒の受け入れや派遣を行うなどの国際交流も多数行っています。 佐野高校は、頑張る生徒の皆さんが「未来の社会をリードする人材」となれるよう全教職員が一丸となって生徒の指導に取り組んでまいりますので、保護者、卒業生、地域の皆さまのより一層の暖かいご支援とご協力をいただきますようよろしくお願いいたします。

平成30年4月1日

ページの先頭へ戻る