1. ホーム
  2. 過去事項

過去事項

過去事項

2012年度

長期留学生

タイより1名(2012年4月〜2013年1月)
アメリカより1名(2012年8月〜2013年7月)

カルフォルニア州との交流事業

3月18日〜4月4日まで18日間、カリフォルニア州エルクグローブ地区を本校生徒5名が訪れました。現地高校生宅にホームステイし授業に参加したり様々な体験をしました 

イギリス・オーストラリア異文化体験・語学研修

7月22日から8月4日まで2週間、オーストラリア・ゴールドコーストで実施しました。(15名参加)
また7月28日から8月13日まで17日間イギリス・ロンドンで実施しました。(11名参加)

李秀賢氏記念事業

毎年1月に韓国から高校生約30名の1日体験を受け入れています。期間は短いですが、交流会やホームステイなどを通して相互理解を深めています。李秀賢氏については、下記をクリックしてください。

2008年度

2008年度留学生は、フランスより1名 (2008年4月〜2009年3月)

6月

カリフォルニア州エルクグローブより5名の高校生来校、本校宅にホームステイし、実質10日間登校。授業参加、日本文化(茶道・藍染め等)の体験等を行った。

7月・8月

オーストラリア語学研修へ15名参加

2月

天津第一中学校(中高一貫校)より82名来校。
中国高校生が来校し、生徒会の生徒たち・ダンス部・ブラスバンド部・交流委員と楽しい交流を行った。

ページの先頭へ戻る

2007年度

6月

中国高校生5名が来校し、授業参加と本校生宅にホームステイ(3日間)を体験した。
本校生7名中国へ1週間派遣、ホームステイを体験したり現地高校生と交流を深めた。

2007年度交際交流の画像その1

7月

夏期語学研修
オーストラリアビクトリア州 ウィリアムズタウン高校へ15名派遣(2週間)
カリフォルニア州エルクグローブへ5名派遣(2週間)

9月

オーストラリアウィリアムズタウン高校から15名が1週間来校。本校生宅にホームステイ、本校 の授業体験や交流会を行い相互理解を深めた。
オーストラリアバサースト高校より8名来校し授業体験や交流会を行った。

1月

天津第一中学校(中高一貫校)より68名来校。授業体験・交流会を行った。

2月

李秀賢氏記念韓国青少年招聘事業により韓国の高校生20名が来校本校生徒宅へのホームステイや交流会を行った。

留学生

アメリカより2名
フィンランドより1名

英検

2級は受験者123人中、26人が合格。合格率は21.1%
準2級受験者143人中、88人が合格。合格率は61.5%
2級、準2級とも合格率は全国平均を上回っている。

平成19年度在籍者の英検資格保有者累計
  • 3年生は2級21人、準2級75人で合計96人
  • 2年生は2級15人、準2級66人で合計81人
  • 1年生は2級0人、準2級27人で合計27人
  • 全体では2級36人、準2級168人で合計204人

中国語検定(2007年6月と11月実施分)

4級は、受験者数合格者数2人中、2人合格
準4級は、受験者数合格者数8人中、7人合格

International Exchange 2007

June

Students visited from China and experienced Japanese life at Sano students’ homes.
7 students who took Chinese lesson as a second foreign language visited China.

July−August

English Summer Seminar in Australia (15 students )
Osaka & California International Cultural Exchange Program (5 students from Sano --- 25 students from Osaka visited CA)

September

Students from Australia visited to study Japanese.
They stayed for two weeks.
23 students from Australia visited Sano

January

68students from China visited Sano.

February

High school students from Korea visited Sano
International Students
from America 2
from Finland 1

2月15日(金) 佐野高校 李秀賢氏記念交流会

いつ後ろを振り向いても後悔のない人生を送りたい。困難も逆境も人生の一部分だと思いながら、乗り越えていこう。
故李秀賢氏追悼WEBサイトより

2001年1月26日、東京のJR山手線・新大久保駅で、韓国からの留学生・李秀賢(イ・スヒョン)さんとカメラマンの関根史郎さんが、酒に酔って線路に転落した見知らぬ男性を救うために線路に飛び降り、その尊い命を線路に散らしました。
その李秀賢氏の勇気ある行動を顕彰するための記念として、韓国で日本語を学習し、日本および日本文化に関心を有する青少年20名を日本に招へいし、日本語の授業、伝統文化体験、研修旅行、ホームステイ、高校訪問などを通して、日本の文化、社会および日本語への理解を深めるとともに、日本の同世代の青少年との交流を図る目的で、2月15日佐野高校に20名の高校生が来ました。そして、放課後に同窓会館で交流会がありました。
 李秀賢さんが勤めていたネットスパイダーBIG1は、日本人と韓国人が一緒になって楽しんだ初めてのネットゲーム専用ネットカフェです。日本語も得意でネットゲームやパソコンに詳しい彼がたまたまPC房に訪れた日本人にネットゲームの手ほどきをしてくれました。そのおかげで、Lineage(ネットゲーム)などにおいて日韓混合クラン(ゲーム内の同盟・団体)などが結成されて行きました。彼のおかげで日本人と韓国人がネットカフェで一緒に楽しむようになり、その仲間の輪が東京・大久保から少しずつ広がっていったのです。彼のそういった功績と、同じく命を落としたカメラマンの関根史郎さんのことも知ってもらえたら嬉しいです。

<参考> 「天国の流れ星」李さんの勇気をたたえる会編 光文社刊
韓日共同映画「あなたを忘れない」クランク・イン

李秀賢氏記念交流会の様子