1. ホーム
  2. ユネスコスクール

ユネスコスクール

ユネスコスクールに加盟

ユネスコスクールロゴマーク

「戦争は人の心の中でうまれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」(ユネスコ憲章前文より)

ユネスコスクールとは、ユネスコ憲章に示された理想を実現するため、平和や国際的な連携を実践する学校です。世界180の国や地域で9500校以上のユネスコスクールがあります(2013年7月現在)。佐野高校は2012年1月、ユネスコスクールへの加盟が承認されました。今後は、これまでの国際理解教育活動をさらに充実させ、ユネスコスクールのネットワークの元、世界中の学校との交流を通した学び合いを推進していきます。

ページの先頭へ戻る

本校のユネスコスクール活動の主な目的

(1)異文化理解と多文化共生社会への意識醸成

海外への修学旅行や海外からの留学生との交流等の国際交流活動を通して、世界の歴史・文化を理解し、その多様性を尊重する姿勢を育成するとともに、自国の歴史・文化についてより一層の理解を深めます。

(2)世界平和と人権を尊重する精神の涵養

身近な事柄や国内外で起こる人権問題について考えることにより、自己と他者を愛する心を育て、人権と平和を尊ぶ精神を育みます。

(3)問題の解決に向けて行動する態度と能力の育成

環境・開発・貧困・紛争など地球規模で起こっている現代の諸問題についての知識・理解を深め、それらの問題と自分たちのつながりの中で、その解決に向けて自ら考え行動しようとする態度を育成します。また問題に対して自分の意見等を適切に表現できるプレゼンテーション能力を育成します。

ページの先頭へ戻る

主な活動

(1)主に海外との交流活動を通して

  • 海外からの長期留学生の受け入れ(年間)
  • 海外への修学旅行を通しての異文化理解(2年生秋)
    2010年マレーシア、2011年香港・マカオ、2012年グアム、2013年シンガポール
  • 夏季オーストラリア異文化体験・語学研修
  • 夏季イギリス語学研修(インターナショナル・プログラム)
    イギリス語学研修の様子
  • 大阪府・カリフォルニア州交流事業(隔年で本校への受け入れとカリフォルニアへの派遣)
  • 国際交流基金主催・李秀賢氏記念交流事業への協力(韓国高校生の受け入れ年1回)
    李秀賢氏記念交流事業の様子
  • ネパール・スタディツアー(2013年冬実施予定)

(2)人権学習の一環として

  • 1年生において、元青年海外協力隊員による出前授業(年1回)
  • 2年生において、海外修学旅行の事前学習(テーマ:多文化共生について等、年3回)

(3)授業の一環として

  • 授業「国際理解」(1、2年生国際教養科必修)
    授業で取り扱うトピック:「開発途上国」「人権」「熱帯雨林」「絶滅危惧種」「平和と紛争」「ゴミとリサイクル」等
  • 各教科・授業において、ESDに関する事項を取り上げる

(4)国際教養講座の実施

  • 主に世界を舞台に活躍されている外部講師をお迎えし、講演していただく。(国際教養科生徒対象、各学年・年2回)

(5)生徒会による活動

  • ユニセフへの募金活動
  • ペットボトルキャップの回収
  • 書き損じはがきの回収

(6)ユネスコ部の活動

  • 2014年の「国連持続可能な開発のための教育(ESD)の10年」最終年に開催される「ユネスコスクール世界大会」の「高校生フォーラム」への参加、運営
  • 上記のプレ大会として2013年「アジア・太平洋高校生フォーラムin堺」への参加、運営
  • 2012年度「日韓中3カ国高校生フォーラム」への参加、運営
    日韓中3カ国高校生フォーラムの様子

(7)地域や他校との交流活動

  • 泉佐野市立中央小学校、佐野台小学校への「国際理解」の出前授業
    小学校への出前授業の様子
  • ラオスの高校との通信交流授業
    ラオスの高校との通信交流授業の様子

ページの先頭へ戻る