大阪府立 泉北高等支援学校

学校概要>教育目標沿革/コース制について/校歌校内写真

「生活自立コース」
できるだけ同じ場所で、同じ時間に授業が行われるように考えた時間割で学習する。ゆったりとした時間の中で授業を行いつつ、徐々に多くの人と交わりながら学習する機会を設ける。2年生の夏休み期間、3年生の前期、夏休み期間、後期に作業所での実習を取り組み、卒業後の進路を決めていく。

「社会自立コース」
生徒個々に合わせたグループに分かれ、基礎学習や社会生活等の授業を行う。作業学習は、2種目を選び3時間ずつ行う。生徒の状況に応じ、2年生の夏休み期間、3年生の前期、夏休み期間、後期に作業所での実習や、2年生、3年生の前期、後期に企業での実習を実施し、卒業後の進路を決めていく。

「就労支援コース」
卒業後すぐに就職を希望する人が対象である。2年生、3年生とも、前期、後期実習は教師の付添いなしの企業実習を行う。さらに、「実習」の授業として、2年生で年間10日程度の企業実習や校内での受注作業などを行い、3年生では、受注作業や就労にむけたビジネスマナーなど、具体的な取り組みを行う。