本校の進路指導計画

本校では、ほとんどの生徒が4年制大学への進学を希望しています。

単に、大学生になることを夢見るのではなく、将来の夢を描けるように1年次から進路プログラムに基づいたメニューを用意しています。

進路プログラムの一部

1年生:職業観の育成

 ・4月 R-CAP(職業適性検査)の実施

   [5月:返却・自己分析  7月:適性分析  10月:文理選択  2月:まとめと受験のしくみ  に活用]

 ・2月 職業セミナー

     各分野で活躍されている卒業生・社会人の方の講話を聴きます。

     自らの興味・関心に応じた分野の講話を選択します。

 

2年生:将来像を描き、目標の具体化

 ・6月 キャリアセミナー

     自らの進路希望に合わせて、大学入試のために準備しておくことを確認します。

 ・夏期休業中 大学のオープンキャンパスなどに参加

 ・10月 学部別大学見学会

     大学の学部、学科を意識した見学会です。

 

3年生:目標実現のための実力育成

 ・学校での模擬試験(年3回) PTA主催模試も校内実施

 ・早朝、放課後、土曜日、長期休業中に各科目の進学講習を実施

1・2年生にスタディーサポートを導入

4月に、学習到達度テストと学習状況調査を行います。

結果に応じて、個人別にワークドリルが返却され、学習計画をサポートします。

1・2年から外部模試参加

 ライバルは全国にいます。定期的に自分の位置を確認します。

 ・1・2年生は外部模試を7月、11月、1月の3回全員受験します。

 ・3年生は外部模試を6月、9月、10月、11月の3回全員受験します。

 ・英語の4技能を育成するため、1・2年でGTEC(英語4技能検定)を受検します。