教育目標

学校の教育の方針については教育基本法及び学校教育法の理念をふまえて、 次のことを重点とする。

1.
 
生徒一人一人の個性を重視し、生徒の持つ多様な可能性を引き出す教育を進める。 自発的学習態度を育成し、基礎学力の充実に努める。
2.
 
教科学習活動を中心として、全教育活動の調整を図り、 それらを通して個性の発見と伸長につとめ、 将来の進路を決定しうるよう適正な指導に努める。

学習指導の特徴

1. 学習指導にあたっては、綿密で合理的な指導計画のもとに、学習内容を徹底的に理解させる
2.
 
学習評価を含めて、指導の方法に工夫と改善を加え、学習内容の充実を図るとともに、生徒の学習意欲を促進し、 自主的に学習する態度を育成する。