暴風警報発令時の対応について

大阪市域に暴風警報が発令された場合、学校は次のように対応します。

(1) 午前7時までに暴風警報が解除された場合は、授業・考査などは定刻より開始します。
(2) 午前7時以降10時までの間において暴風警報が発令中の場合、生徒は自宅で待機すること。暴風警報が解除された場合は、解除された時刻から2時間30分後より授業・考査などを開始します。解除された時刻に応じて、授業・考査などの時程が変更されるので当日すべての準備をして登校すること。
(3) 午前10時以降も暴風警報が発令中である場合は臨時休業とします。

 なお、居住地が大阪市以外の生徒は、居住地に発令されている暴風警報によって、@発令中は自宅待機し、A解除されたときは上記学校の状況を踏まえて必要に応じて速やかに登校すること。この時、警報解除時刻の地域差によって遅刻した場合には、その事情を担任に報告すること。