本校の概要
 平成20(2008)年4月1日、校名が「大阪府立高槻養護学校」から  「大阪府立高槻支援学校」に改められました。本校は、昭和41(1966)年に知的障がい児を対象とした養護学校として、府立で最初に設立された学校です。
 当初は小・中学部が設置されましたが、昭和44(1969)年に高等部が設置され、小・中・高の一貫教育を目指す学校となりました。
 小学部では「基本的な生活習慣の確立を目指しながら友だちとの交流や集団への参加」を、中学部では「仲間意識を高め、社会生活・職業生活への基礎づくり」を、高等部では「基礎学習の上に、作業学習を通して社会生活・職業生活に参加する意欲や態度・技能を養うこと」を目標にしています。また、児童・生徒会活動、クラブ活動、特別活動、行事等を通し、個々の発達段階に応じて能力・特性を生かした教育を行い、心身の成長・発達を促すように努めています。
体育館 体育館と中庭
運動場