• アクセスマップ
  • サイトマップ
  • お問合わせ

部活動

陸上部

サッカー部

野球部

ラグビー部

ソフトボール部

ハンドボール部

男子テニス部

女子テニス部

男子バスケットボール部

女子バスケットボール部

女子バレーボール部

バドミントン部

卓球部

剣道部

ダンス部

水泳部

ワンダーフォーゲル部

女子サッカー同好会

音楽部

軽音楽部

吹奏楽部

放送部

自然科学部

写真部

美術部

イラスト部

和太鼓部

書道部

文芸部

家庭科部

放送部



29年度は、放送部は男子生徒でスタートしました。ここ数年、創立以来の伝統であるテレビドラマやテレビドキュメントを制作してきました。また、体育祭・文化祭の学校行事や地域行事での放送関係で活動しています。

10年間の主な対外活動記録(創立40周年記念誌より)
 平成19年 NHK杯全国高校放送コンテスト全国大会出場
        (テレビドキュメント部門)
 平成20年 大阪府高等学校芸術文化連盟映像部門奨励賞「未来へ流れる水」
 平成21年 NHK杯全国高校放送コンテスト全国大会出
        (テレビドキュメント部門)「相思箱愛」
 平成24年 関西テレビ「青春メッセージ」出品「すすめ!放送部」
 平成26年 NHK杯全国高校放送コンテスト全国大会出場
        (テレビドキュメント部門)「高校生チャリ通事情」

 皆さん、北高放送部の応援、よろしくお願いします。 (平成29年4月)






2015年度

●ふるさとふれあいフェスティバル   10月25日(日)  


 10月25日(日)に地域主催の「第15回ふるさとふれあいフェスティバル」が行われ、放送部員4名が本部テントでの放送と体育館ステージでの司会に別れて参加しました。 当日は秋晴れのお天気でしたが、かなりの強風でグランドでは放送原稿が飛ばないよう2名で協力しながら放送・音響を担当しました。 近隣小中学校の校長先生や来賓の方々からも励ましの声をいただき、また小学生たちや大人の方々からは落し物や会場案内などでは頼りされるなど、充実した活動ができました。

●平成27年度の上半期活動報告  


 今年度の制作スタッフ(アナウンス含む)は合わせて 6名です。
今年度も体育祭等での放送(写真)やNHK杯 大阪大会に参加するなど、例年通りの活動を行っていま す。
今年度は創作ドラマに力を入れ、NHK杯参加作品 の「メロンパン殺人事件」では作法室など普段使われな い場所でのロケを敢行し、クライマックスシーンの撮影 に時間をかけました。
また同じくNHK杯参加作品の「宝 籤」では高校生の欲望に深く迫るシリアスなドラマを制 作しました。
昨年度全国大会に参加できましたので、今 年も全国に行こう、と意気込んでいましたが、残念なが ら入賞できませんでした。
文化祭では、「大怪獣バトル〜その債務は誰がために〜」という創作ドラマを制作しました。


2014年度

●NHK杯全国高等学校放送コンテストの結果  7月21日(月・祝)〜24日(木)

 放送部は、第61回NHK杯全国高校放送コンテストに出場しました。
 NHK杯は、毎年東京の国立オリンピック記念青少年総合センター(準々決勝) ・NHKホール(決勝)を会場にして行われています。今年は、7月21日(月・祝)〜24日(木) の日程で実施されました。北高の放送部は、北高生の自転車通学の様子や地域の方々の思いを レポートしたテレビドキュメント作品「高校生チャリ通事情」を制作し、 NHK杯に参加しました。結果は、準々決勝で終了しましたが、決勝作品を見るなどして、 部員たちは有意義な体験をさせていただきました。

●NHK杯全国高等学校放送コンテスト

NHK杯全国高校放送コンテスト全国大会出場

大阪大会テレビドキュメント部門で第3位になり、東京に行きます!!

   参加作品 「高校生チャリ通事情」

 6月15日(日)に行われたNHK杯全国高校放送コンテスト大阪大会テレビドキュメント部門決勝で第3位となり、全国大会に推薦されました。
 東京の国立オリンピック記念青少年総合センターにおいて7月21日(月・祝)から行われる全国大会に出場します。
 作品は、北高の自転車通学に関する学校の取組み、生徒の声、地域の声、生徒会の取組みなどを紹介し、自転車問題を考えるといった内容です。
 認めていただける作品が出来たのは、ひとえに地域の皆さまや生徒の皆さん、先生方のご協力の賜物と感謝しています。
 これからも良い作品つくりを目指し、学校行事や地域行事では良いアナウンスができるよう頑張りますので、応援をよろしくお願いします。

 そして、北高生の皆さん、中学生の皆さん、放送部に入ってみませんか。



2013年度

●放送部主催映画制作講習会(H25.11.23)

 放送部では、11月23日(土・祝)に、映画監督の京都造形大学山本起也教授を招き、放送部員・OB・本校生で映画製作に興味・関心ある生徒、映像関係に進学希望の生徒に向け、映画監督を目指したきっかけ、これまで制作した映画の裏話を30分程お聞きしました。雰囲気が良くなったところで、「失恋した子が家に戻り、一杯の水を飲む」というシナリオを基にワンシーンを制作するワークショップを行いました。15名の参加者から俳優役や監督・美術・カメラを担当するメンバーを選び、全員で話をしながら自分達で考えたシーン作りに挑戦し、生徒はそれぞれのイメージを出しあいながら失恋した一人の男性を作り上げていきました。




2009年度

●NHK杯全国高等学校放送コンテスト

 放送部が、第56回NHK杯全国高校放送コンテストの大阪代表となり、7月22日から東京のNHKホール等で行われた全国大会に参加しました。 結果は惜しくも準々決勝で敗退しましたが、貴重な体験をすることが出来ました。 多くの皆さんから激励をいただき、本当にありがとうございました。


<出品作品> テレビドキュメント「相思箱愛」

 高校生のお弁当は、多くの場合保護者によって作られている。 保護者はお弁当に愛情を注ぐが、生徒は愛情を感じることは少ない。 お弁当を作る側の保護者の思いと、食べる側の生徒の思いのギャップを 取材し、親子関係にメスをいれたドキュメンタリー作品。



●高槻ケーブルテレビで紹介されました。

 7月17日の番組「街角ホットライン」で紹介、放映されました。



●高槻市長に表敬訪問に行きました

 7月13日に放送部員が高槻市長、教育長、市議会議長に表敬訪問しました。 部員は緊張した面もちで、作品の説明等をおこなっていました。





copyright©  Takatsuki Kita High School ALL RIGHTS RESERVED.