2020年 TSC第23回海外派遣に参加した生徒の交流会について

 先日8月28日(金)に第23回海外派遣に参加した2・3年生5名の生徒とホームステイ先のオーストラリアのホランドパーク高校の5名の生徒とのZoomによる交流会が行われました。まずは自己紹介を行い、初めは両校ともに恥ずかしそうにしていましたが、途中から和やかに話をしていました。「最近どんなことを勉強していますか?」や「趣味はなんですか?」など日本語、英語で言葉を交わすグローバルなZoom交流会でした。久しぶりに顔を合わせて、30分以上様々な分野について話をしている様子を見ていると、海外派遣を通じて、子どもたちが成長していると感じました。この状況の中、今年度の企画がどうなるかは不透明なところもありますが、様々なケースを想定しながら検討中を重ねています。一定の方向が見えましたら今年度の企画についてお伝えします。

交流風景
参加した5人の生徒 ホランドパーク高校の生徒

 令和元年度 第23回オーストラリア海外派遣報告

 73期2名、74期3名の5名が2月29日から約2週間、第23回オーストラリア海外派遣プログラムに参加しました。シンガポール経由でオーストラリアブリスベンに到着後、すぐにホランドパーク高校でホストファミリーと対面しました。寝不足気味に見えた生徒たちですが、こちらの不安をよそに、各家庭で楽しく過ごしたようで、初めての登校後は、お互いにどのような休日を過ごしたのかを報告し合っていました。慣れない海外での生活に最初こそ不安な表情を浮かべることもありましたが、日を追うごとに表情に変化が見られ、気付けばホランドパーク高校の先生たちから驚きの声が挙がる程に、積極的に活動できるようになっていました。
 また、今回の派遣直前に、オーストラリアで大規模な森林火災が起こりました。この火災により、オーストラリアの貴重な野生生物が深刻な被害を受けたということをニュースで知った派遣生徒たちは、1月31日、2月3日に自主的に校内募金活動を行いました。そして3月4日に在ブリスベン日本国総領事館の田中総領事、早川領事をお迎えして行われたKoala Donation Ceremonyにおいて、75,000円の寄付金を動物病院RSCPAの方に手渡すことができました。3月6日には実際に動物病院を訪問させていただき、動物たちの現状を学ぶことができました。病院の方々は、天王寺高校からの寄付金で、多くの動物たちの命を救うことができると、何度も感謝の言葉をいただきました。自らの活動により、物事が動く機会に立ち会うことができ、生徒たちにも心境の変化があったようです。多くの貴重な経験を通して、生徒たちはそれぞれ大きく成長することができました。(化学科 阿部 有理沙)

 オーストラリア派遣          3年4組 加藤 有希

 オーストラリアに行く前は期待と共に不安も大きかったですが、2週間後にはまだまだ帰りたくないと思うようになりました。ホランドパーク学校では日本語で毎日「こんにちは!」と話しかけてくれる子、授業中に先生の英語が聞き取れず困っていると簡単な英語で教えてくれる子など私をクラスメイトとして当たり前のように受け入れてくれました。それがクラスの一員として認めてもらえたようでとてもうれしかったです。
 今まで海外がテレビやインターネットの中だけの遠い世界だと感じていましたが、ホームステイを通じて現地の人の生活スタイルや流行っている音楽、映画などを知り、身近に感じるようになりました。他の国の文化や常識を知ることが異なるルーツを持つ人に対する理解を深めるのだと学びました。これからはより多くの人がこのプログラムに興味を持ってもらえるように今回の研修の写真で作った動画や全校集会で私たちが経験したこと、学んだことを精一杯伝えていきます。
 このような貴重な経験をする機会を与えてくださりとても感謝しております。ありがとうございました。