令和元年度 
東大研修会

令和元年8月2日(金)、3日(土)の2日間の日程で、東京大学研修会に約100名の生徒が参加しました。

 2日は東京大学医科学研究所において、本校卒業生の津本教授や医科学研究所付属病院長の専門的な内容の講義を受け、ゲノム医療の最先端の現場を見学させていただきました。3日は、東京大学本郷キャンパスにおいて、本校卒業生である農学生命科学研究科の藤原教授、大西教授の研究室を見学させていただきました。また、午後は教育学研究科の市川教授にご講義をいただきました。あこがれの東京大学のキャンパスで本物の学びに触れることは、生徒たちにとって貴重な体験となりました。
 また、夜には宿舎にて本校卒業生で現役東大生との交流会を行い、質疑応答形式で勉強法や在学中の過ごし方などのアドバイスを受け、実際の大学生活についてのお話もうかがいました。今後の勉強に対するモチベーションが上がり、進路選択に大いに役立つ生徒にとって充実した2日間となりました。