離別式卒業生と在校生のお別れの儀式、4月の対面式に照応したもの。
       送辞・答辞に相当する在校生,卒業生の挨拶、校長の挨拶、体育功労賞・文化功労賞の表彰などがある。


平成30年2月28日(水) 70期の先輩を送り出す


 卒業式を翌日に控えた2月28日(水)、3年生を全校で送る離別式が行われました。
最初に校長先生から、3年生がこれまで学校生活に懸けてきた熱い想いと行動を讃えるお言葉と、「天高という文化」を共有した仲間としていつかまた会いましょうと励ましをいただきました。次いで、様々な業績をあげた生徒の表彰です。教育委員会賞、部活で好成績を残した者に贈られる体育・文化功労賞。生徒会長(2年生)による送辞の後はいよいよ卒業生の最後の言葉です。今年は男子・女子一名ずつが代表して、これまでの学校生活と後輩たちに贈る想いを、明るく元気に語りました。答辞の最後には卒業生が全員立ち上がり、後輩と先生方に向かってお礼の言葉を大合唱。ジ〜ンと来るものがありました。もうこれで終わり...と思った瞬間、再び答辞の二人が登場し、パフォーマンス! 女子がダンス、それから..「これまでのしんどさを投げ飛ばします!」と言って男子がタックルダミーに一本背負いをかけたのです。一同大受けでした。
 離別式最後は、恒例の運動部キャプテンによる「黄塵はるか」で締め括りました。

教育委員会賞

体育・文化功労賞

後輩たちに贈る言葉

「これまでのしんどさを投げ飛ばします!」