災害時・交通スト時の連絡


気象特別警報または暴風警報発令時の対応

大阪府に特別警報、または大阪市に暴風警報(以下、「暴風警報等」)が発令された場合の対応は下記のとおりとする。
1.午前7時までに解除されているときは平常どおり授業を開始する
2.午前7時以降11時30分(短縮・補充授業時は9時)までの間に解除された場合は、解除後約2時間を目途に、生徒の登校状況を確認した上で、授業を開始する。
3.午前11時30分(短縮・補充授業時は9時)の時点で暴風警報等が発令中の場合は臨時休校とする。
(注 意)
ア.上記1、2において、交通機関の運行の乱れによる欠席・遅刻・欠課はその扱いを免除する。
イ.上記2において、授業は当該日の全日分を用意すること。
ウ.上記3においては、暴風警報等の解除後も登校を禁止する。
エ.土・日曜等休業日に部活動等で登校する予定になっている場合も、この対策に準じる。
オ.生徒は、自己の居住する地域に暴風警報等が発令された場合は上記2または3に準じて登校または自宅待機する。この場合、欠席・遅刻・欠課はその扱いを免除する。
カ.暴風警報等以外の発令については、自宅待機の対象外だが、地域的な大雨・洪水・土砂災害等のやむを得ない事情がある場合は、無理して登校しないこと。その際、学校に状況を連絡すること。

地震発生時の対応

大阪市に震度5弱以上の地震が発生した場合の対応は下記のとおりとする。
1.生徒在校中に発生した場合
   生徒は、原則として、引き続き校内に待機する。
   学校長は、安全が確認できた時点で生徒の下校を許可する。
2.生徒の登下校時間帯に発生した場合
   生徒は、自宅と学校のうち距離的・時間的に近い方に向かう。ただし移動が困難な場合は、最寄りの避難場所に避難する。
3.夜間・早朝に発生した場合
   当日を自宅待機とする。
4.上記いずれの場合も、翌日以降の授業実施可否については、校内の設備被害、電気・水道等の供給、公共交通機関の運行、等の状況を総合勘案し学校長が判断する。生徒は、今後の予定について、学校ホームページ等で確認すること。

交通スト対策

他の交通機関のスト実施如何にかかわらず、
1.JR西日本がストを実施しないか、午前7時までに解除されているときは、平常どおり授業を開始する。
2.JR西日本のストが午前7時に解除されていないとき(決行中)は、午前9時30分より授業を開始する。
(注 意)
ア.授業は当該日の全日分を用意すること。
イ.交通ストによる、やむをえない欠席・遅刻・欠課は、その扱いを免除する。
当日は許可者以外にも自転車の利用を認める。ただし、自転車保険への既加入を条件とする。