このページは在校生用のものです。

平成28年度以降の入学希望の方は、

トップページ右側の「普通科専門コース制とは?」

(てしにゃんの下のリンク)をご覧ください。




普通科総合選択制とは、
基礎学力を重視しながら、興味・関心に合った学習を通して、進路実現の力をはぐくみます。

  • 1年生では、共通履修科目を中心に、基礎的な学習を行います。
  • 2・3年生では、7つのエリアから自分が興味のあるエリアをひとつ選択し、その指定科目を学びます。
  • 60科目以上ある自由選択科目は、エリアの枠を超えて自由に選択し、進路実現をはかります。



1:エリア指定科目

7つのエリア: エリア名(赤字)を選んでクリックして下さい。



◆ まだ進路がはっきりしていない場合:
生徒一人ひとりの個性を伸ばし、進路の実現ができるよう、エリアの決定や科目の選択にあたっては、ホームルーム、総合的な学習の時間、個人懇談などを通じて、きめ細かい ガイダンスを行います。また、インターネットを利用して、最新の進路情報も提供していきます。



2:自由選択科目

60を越える自由選択科目 2年生からは、エリア指定科目に加えて、進路に合った科目を自由選択します。

  • 国語表現、古典B、国語常識、基礎現代文演習、発展現代文演習、漢文演習、文学鑑賞、
    世界史B、日本史B、地理B、政治・経済、ライブ〜輝く命

  • 数学活用、数学U、数学V、数学B、数学演習TA、一般数学演習、標準数学演習、科学と人間生活、
    物理、化学、生物、地球環境科学、クリエイティブサイエンス、自然観察

  • スポーツA、スポーツB

  • 音楽U、美術U、工芸U、書道U、 音楽V、美術V、工芸V、書道V、声楽アンサンブル、箏曲入門、
    造形演習、工芸実習、工芸演習、書造形演習、実用書

  • 英語演習、英語演習アドバンス、英語会話、発展英語会話、標準英語長文演習、発展英語長文演習、
    総合英文法、総合英文法アドバンス

  • 情報の科学、子供の発達と保育、リビングデザイン、ファッション造形基礎、服飾文化、食文化、ソルフェージュ、
    コンピュータグラフィック入門、コンピュータデザイン入門、マルチメディア演習
自由選択は平成25年度入学生対象(予定…科目名が変更されることもあります)




教育課程表

第一学年 共通履修科目中心
1234567 89101112131415 1617181920212223 24252627282930








T












T





|





T














第二学年 共通履修科目+エリア指定科目+自由選択科目
1234567 89101112131415 1617181920212223 24252627282930








U















|





U



























総合的学習 HR

第三学年 共通履修科目+エリア指定科目+自由選択科目
1234567 89101112131415 1617181920212223 24252627282930












|





V















































総合的学習 HR


普通科総合選択制 Q&A

Q:普通科総合選択制高校とはどのような高校ですか?
A:普通科でありながら、生徒の興味・関心や進路希望を実現するために、選択科目が多く開講されている高校のことを普通科総合選択制高校といいます。基礎学力をしっかりと身につけ、生徒の進路希望や興味・関心にあった選択科目の学習を通じて、進路希望実現に向けての学力を育成していきます。
Q:普通科総合選択制高校のエリアとは何ですか?
A:エリアは、専門学科とは異なり、特定分野の内容を深く学習していくものではなく、進路のための動機づけ、入門といった性格のものです。エリア指定科目の学習を通じて、進路意識を向上させていきます。
Q:生徒はエリアをどのように選択していますか?
A:基本的には進路を意識してエリアを選んでいます。豊島高校では、エリア毎に17の進路コースを設定しています。(トップページの7つのエリアと17のコース参照)生徒は自分の進路希望や興味・関心を担任と相談しながら、エリアを決定していきます。
Q:エリアを決定する時は、生徒の希望を聞いてくれるのですか?
A:エリアは基本的には、生徒の進路希望に対応しています。生徒の将来の夢や希望を聞いて、進路希望を実現するためにエリアを決定しますので、生徒の希望が尊重されます。
Q:普通科総合選択制高校のメリットは何ですか?
A:自分の興味・関心や進路希望を実現するために、エリアを選択します。エリア指定科目を学習して、自分の進路意識を向上させ、進路希望実現に必要な自由選択科目を学習して学力をつけていきます。したがって、自分の進路希望を実現するために、自分で自分にあった時間割を作ることが出来ます。これが、普通科総合選択制高校の最大のメリットです。
Q:普通科総合選択制高校は大学受験には不利になりませんか?
A:1年生では、国語・数学・英語を中心に全員共通の科目を学習し、基礎学力をしっかりと身につけることが出来ます。そして、2年生からは自由選択科目で大学受験に必要な科目を重点的に選ぶことが出来ます。豊島高校は、普通科総合選択制に改編されて以降、四年制大学への進学希望者が増え、ここ4年間で、四年制大学への現役進学率は2倍増になっています。
Q:生徒の進路はどのようになっていますか?
A:豊島高校は、基礎学力の充実を図ることにより、進学から就職まで全ての進路希望に対応しています。平成21年度入試では、四年制大学174名、短期大学49名の合格者を出しました。
Q:豊島高校はどのような生徒を育てたいのですか?
A:豊島高校は5つの育てる生徒像を明確にして、教育活動を展開しています。
1つめは、「しっかりした学力を身につけ、自分の力を伸ばそうとする生徒」、
2つめは、「社会的な規律を身につけ、規範意識を持った生徒」、
3つめは、「自らの生き方や進路を自ら考え、将来に夢や希望を持っている生徒」、
4つめは、「豊かな感性を持ち、様々な人と豊かな人間関係を築いていける生徒」、
5つめは、「達成感や成就感を持ち、社会的に自立し、社会に貢献出来る生徒」、
この5つの育てる生徒像を明確にして、教育活動を展開しています。
Q:英検や漢検などの資格を取得したいのですが?
A:豊島高校では、資格を取得するための様々な取り組みを行っています。英語検定、漢字検定、ワープロ実務検定などの取り組みを積極的に行い、毎年多くの検定合格者を出しています。
Q:豊島高校には、他の高校にはない特色ある科目がありますか?
A:豊島高校には、「豊島高校にしかない特色ある科目」が多く開講されています。
「人間と文化」「人とことば」「こころをよむ」「クリエイティブサイエンス」「ライフスポーツ」「表現演習」「マルチメディア演習」「国際理解」「英米文化史」「文学鑑賞」「古典探訪」「ライブ」「英語会話T」「英語会話U」等、多くの科目が開講されています。 生徒たちは、自分の興味・関心や進路実現の必要に応じて選択しています。
Q:部活動はどのようになっていますか?
A:普通科総合選択制高校に改編されて以降、部活動や学校行事は大変活発になってきました。部活動への加入率は、ここ6年間で2倍増になり、放課後多くの生徒がグランドや体育館、テニスコートで活動しています。土曜日や日曜日も練習や試合で、普段と変わらないほど、学校は活気があります。豊島高校は、硬式野球、サッカー、男女バスケットボール、女子バレーボール、硬式テニスの公式戦の会場校になっています。