暴風警報に伴う対応処置について
  1. 北大阪地域に暴風警報が出されている場合は、登校を見合わせることとする。
    (警報と注意報の区別に注意)
  2. 北大阪地域の暴風警報が解除になった時の始業時刻を、次の5段階に分けて設定する。
    (1) 午前  6時現在で警報解除の場合 ……… 定刻通り
    (2) 午前  7時現在で警報解除の場合 ……… 2時限目の時刻より
    (3) 午前  8時現在で警報解除の場合 ……… 3時限目の時刻より
    (4) 午前  9時現在で警報解除の場合 ……… 4時限目の時刻より
    (5) 午前 10時現在で警報解除の場合 ……… 5時限目の時刻より
    (注)上記いずれの場合も、その日の時間割で予定されている全授業科目を用意して登校すること。
  3. 午前10時現在で、警報が出されている場合は、臨時休業とする。
  4. 午前7時のNHKニュースで、大阪府教育委員会が指示を出した場合は、それに従う。
  5. その他の気象警報が発令された場合でも、授業は定刻通り始めるので、通学に支障のない限り登校すること。
  6. 学校への電話による問い合わせはしないこと。
    (付記)考査期間中に臨時休業になった場合、その日の考査は考査期間の最終日の翌日(考査期間の最終日が金曜日のときは、3日後の月曜日)に考査時間割通りで実施する。



緊急対応 交通ストに対する処置について 
        
  1. 阪急電鉄・阪急バスの両方がスト解除のとき始業時刻を次の5段階に分けて設定する。
      (@) 午前6時現在でスト解除になった場合。 
    ⇒ 定刻通り授業をする。
      (A) 午前7時現在でスト解除になった場合。 
    ⇒ 2時限目の時刻より授業を開始する。
      (B) 午前8時現在でスト解除になった場合。
    ⇒ 3時限目の時刻より授業を開始する。
      (C) 午前9時現在でスト解除になった場合。
    ⇒ 4時限目の時刻より授業を開始する。
      (D) 午前10時現在でスト解除になった場合。
    ⇒ 5時限目の時刻より授業を開始する。
  2. 午前10時現在上記2社のうち1社でもスト決行中の場合は、臨時休業とする。
  3. (1)のいずれの場合も、その日の時間割表で予定されている全授業科目を用意してくること。