学校長あいさつ

『ようこそ 八尾支援学校ホームページへ』

 令和2年度、学校長に就任いたしました貴志英彦(きし ひでひこ)です。

 4月、澄み渡る空にきれいに桜は咲いています。この時期をたくさんの児童生徒とともに笑顔で迎えることを大変楽しみにしておりました。しかしながら、昨年度末よりの臨時休業、様々な行事等の変更や中止など、児童・生徒及び保護者の皆さまには多大なご迷惑をおかけしております。また、その長期化により児童・生徒の保護者の皆さまご不安な心中を察するにあたり教職員一同、大変心を痛めております。一日でも早く授業が再開し、児童・生徒の笑顔があふれる日々を楽しみに準備を進めてまいります。

 自然災害や感染症、一年を通して平穏な日々が保障できない時代が続いています。この時代をたくましく「生きる」ことがわたしたちの課題となっています。

 予想不可能な未来に対しては、今まで通りの方法論や技術をそのまま適用させるのではなく、それぞれの力を持ち寄り、工夫して、今できる最大限のことをする。これが、今の困難を克服、未来を一つひとつ確実に作っていくことになると信じています。

 八尾支援学校では、めざす学校像に「子どもたちとともに『こころ』と『からだ』をはぐくむ学校」と掲げております。その実現には児童・生徒・教職員の「安全・安心」な環境づくり、さらに「快適」な学校生活がベースとなります。具体的には以下のことに取り組んでいまいります。

① すべての教職員が、危機管理や人権意識を十分に高めて「一人ひとりを大切にする」教育を実践します。

② すべての教職員が、知的障がいのある児童生徒の教育に対する自らの専門性を高めます。

③ すべての教職員が、地域や社会や積極的にかかわります。小学部から高等部まで一貫したキャリア教育目標のもとに児童・生徒が自己の社会的役割を果たし、豊かな進路実現をめざす教育を実践します。

 八尾支援学校の児童・生徒数は410人を超え、教職員を加えると600人あまりの人がこの八尾支援学校に生活しています。一人ひとりの教育環境、働く場の改善は非常に大きな課題です。組織としての最大限の工夫を続けてまいります。

 保護者の皆様、地域の方々におかれましても引き続きご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

准校長あいさつ

『自立と笑顔のために』

 本校に着任して3年目になりました、准校長の森本 裕(もりもと ゆたか)と申します。引き続き、高等部を担当いたします。

 平素から、本校の教育活動にご理解、ご協力をいただき、誠にありがとうございます。

 本年度は、昨年度末からの臨時休業が延長され、前例のない形でのスタートを切ることになり、保護者の皆さまにおかれましては、大変なご心配、ご苦労をおかけしたことと存じます。

 さて、誰もが経験したことのないような厳しい状況で新しい学年を迎えることになりましたが、どんな状況にあっても、「笑顔」「元気」「あいさつ」を大切にしていきたいと思います。そして、「子どもたちの笑顔のために!」小学部・中学部・高等部がこれまで以上に一丸となって、子どもたちの「生きる」を伸ばすことに取り組んでまいります。

 保護者の皆さまのご協力と、地域の皆さま、関係機関の皆さま、企業さまの一層のご指導、ご支援をいただきますよう、お願い申し上げます。

 

高等部入学
小中入学
映像コンテンツ集
学校ブログ
保護者の皆様へ
放課後等デイサービス
学校経営計画及び学校評価
防災マニュアル
地域支援
やおりん