• トップ
  • 2017年
  • 9月
  • 肢体不自由のある子どもの理解と指導・支援の充実をめざして

肢体不自由のある子どもの理解と指導・支援の充実をめざして

9月4日(月)、府教育センターにて、支援教育実践研修D(肢体不自由における内容)を実施しました。本研修は府立学校、市町村立の小中学校及び幼稚園、保育所、認定こども園の教員を対象としており、「肢体不自由のある子どもの理解及び指導の実際」について講義や実践発表、演習を行いました。

前半は、障がいの特性の理解や自立活動の指導についての講義の後、府立藤井寺支援学校の実践発表を通して、個に応じた指導・支援のあり方や教材教具の工夫について理解を深めました。 後半は、個別の指導計画における目標の設定を中心に演習を行いました。行動を構成要素に分ける課題分析に取り組むとともに、受講者が担当する子どもたちのことを想定しながら、個別の指導計画における目標の設定や支援のてだてについて考え、前半で学んだ内容を具体化しました。 受講者の感想には、「実践されていることが聞くことができてとても参考になりました。試してみたいと思います。」「実践的な内容だったので、とてもイメージができました。」「講師から紹介された支援教材がとても勉強になった。」「手作りの教材を作ってみたいと思った。」「課題分析の大切さを知ることができた。」「個別の指導計画の書き方について参考になった。」等があり、明日からの実践につながる学びとなりました。

(支援教育推進室)

カレンダー

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31