• トップ
  • 2017年
  • 9月
  • 高等学校における支援教育コーディネーターとしてのスキルアップをめざして

高等学校における支援教育コーディネーターとしてのスキルアップをめざして

 9月8日(金)、高等学校における支援教育コーディネーター研修を実施しました。本研修は、高等学校で支援教育コーディネーターを担う教員を対象としています。第2回となる今回は、講師に大阪大谷大学の小田浩伸教授を迎え、「教育アセスメントの結果を指導に活かす」について学びました。

 前半は、『生徒理解の方法』と題して、小田教授による講義が行われました。合理的配慮や基礎的環境整備、多様なニーズのある生徒の理解や支援、自己肯定感の重要性、特性を踏まえたわかる授業づくりなど、幅広い観点でお話いただきました。後半は、「教育アセスメントの結果を指導に活かす」として、"発達検査におけるプロフィールや検査結果を基に校内でのケース会議をどのように進めていくか"について、班別協議を行いました。各班では校内におけるコーディネーターの役割について考えるとともに、各校の取組み状況についても情報共有を行う場面が見られました。班別協議後の発表では「子どもたちのストロングポイントを生かす指導が重要だとわかった。」「保護者との協力関係を構築し、安心していただくことが大切である。」「本人にあった具体的な支援方法を考えていきたい。」「検査結果を知ることで、今まで浮かばなかった支援や指導のアイデアを出すことができた。」などの意見が出されました。また、受講者が小田教授に積極的に質問するなど、充実した研修内容になりました。次回は、「発達障がいのある子どもの理解と支援の在り方」について学ぶ予定です。

(支援教育推進室)

カレンダー

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31