• トップ
  • 2017年
  • 10月
  • 「研究授業のねらいを学校全体に共有!」~府立枚岡樟風高等学校パッケージ研修支援Ⅱ-研究授業・研究協議~

「研究授業のねらいを学校全体に共有!」~府立枚岡樟風高等学校パッケージ研修支援Ⅱ-研究授業・研究協議~

9月21日(木)、府立枚岡樟風高等学校において、パッケージ研修支援Ⅱの研究授業及び研究協議を行いました。パッケージ研修支援Ⅱとは、学校全体で組織的な授業改善をすすめるため、大阪府教育センターが継続的に学校を支援する取組みです。

【研究授業】

今回は「現代文」(2年)の研究授業が実施されました。井上ひさしの「ナイン」が題材です。グループで本文の要約をするためのキーワードを抜き出す場面で、本時の目標である、「互いに話し合い、メンバーが納得する答えを選び出す活動」に生徒たちは真剣な面持ちで臨んでいました。自分の考えを周りにわかりやすく伝えたり、自分の意見と比較しながらメンバーの考えを聞き取ったりするなど、生徒が主体的に学ぶ姿が見られ、一人ひとりが理解を深められる充実した授業となりました。

【研究協議】

 授業後に研究協議が実施されました。授業担当者から「今日の授業のねらいと指導の工夫」が説明されました。グループ学習を取り入れることで、自分とは違う着眼点に気づいたり、互いを尊重しながら話し合う態度が育成され、主体的な学びとなることを意識して授業に取り組んだということでした。その後、グループに分かれて、今回の国語の取組みから「他教科に取り入れられる点は何か」をテーマにして活発な議論が行われました。  

最後に学校長より、次の研究授業に向けて、今後さらに生徒に付けたい力を教職員間で共有し、生徒が「できた」と実感できるような授業をめざしていくというまとめの言葉が述べられました。

次回の研究授業に向けて、学校全体での取組みへと発展していくことが期待できる研究協議となりました。

(高等学校教育推進室)

カレンダー

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31