模擬授業から学びを深める

10月24日(火)・11月7日(火)に、高等学校初任者研修(第17回)を実施しました。生徒が学んだ知識や技能を自ら活用する場面を授業に取り入れる工夫や観点別の学習評価の在り方について、模擬授業の実践や指導案の検討をとおして学びました。

受講者からは、「模擬授業を通して、様々な実践について理解を深めることができた。」「自分が行おうとしている授業で、どのように評価していくのかを考えさせられた。課題についてもう一度考えていきたい。」等の感想が寄せられました。

 よりよい授業をつくるには、教員も学び続けることが不可欠です。今後も授業力の向上の為、研修の充実を図っていきます。

                         (高等学校教育推進室)