校長ブログ

退職にあたって

 3月31日、本日大阪府立の教員を退職することとなりました。今まで支えていただいた皆様に感謝の言葉を述べたいと思います。本当にありがとうございました。退職後は、引き続き教育界に身を置きますが、大阪の地を離れ仕事をすることとなります。  この退職の日に、令和4年度から始まる新学習指導要領の教科書に関する記事が掲載されていました。記事には、「思考力・判断力・表現力の重視」や「主体的・対話的で深い学び」...

修業式での風紀委員長の話

 本日、3月19日に行われた修業式では、風紀委員長からも話がありました。自主規制の話です。この話が素晴らしい内容でした。今宮の自主規制とはいかなるものかという精神を表していると思いますので、みなさんに紹介します。  半年間、忙しい中、風紀委員に集まってもらい話し合いを重ねきました。今日は、風紀委員を代表して来年度の目標について話をさせていただきます。  私たちは文化祭までを目標に、今の自主規制の内...

令和2年度 修業式

 本日3月19日、令和2年度の修業式が開催されました。久しぶりの生徒の登校です。学校の前を清掃しているときに、「おはようございます!」と声を聞くのは、本当に久しぶりで嬉しく思いました。  以下、本日の修業式で話した内容を掲示します。  令和2年度は、新型コロナウイルス拡大による休校からスタートしました。第二波、第三波と感染状況が推移する中で、学校も大きく影響を受けた年度でした。体育祭・文化祭は今高...

 3月14日の「つなぐ~人と人との笑顔のWA」の企画が、3月16日の大阪日日新聞に掲載されました。下記のリンクからご覧ください。 https://viewer-data.nnn.co.jp/hv/index_viewer.html?pkg=jp.co.nnn.dainichi.viewer.pc&mcd=H005&npd=20210316&uid=-1&tkn=un...

つなぐ~人と人との笑顔のWAを~№4

 今回の企画に、405人の方々にご来場いただきました。そして、19420円の募金、古着は21000円の売り上げとなりました。今回の企画の趣旨に則り、集まった募金・売り上げについては、浪速区と相談させていただき寄付させていただきます。  今回のイベントが、早速ニュースになっていました。以下のURLからアクセスしていただくと、その様子がよくわかると思います。 https://news.yahoo.co...

つなぐ~人と人との笑顔のWAを~№3

 今回のイベントでは、古着を活用したファッションショーも開催されました。また、株式会社Best-Aniversatyさんと連携して、着物を着てのファッションショーを実施。日本語学校で学んでいる外国人の学生さんと一緒に、楽しい時間を過ごしました。因みに、ファッションショーで活用されたセーターやコート、革ジャンなどは私が提供したものでした。使っていただいてありがとうございます。

つなぐ~人と人との笑顔のWAを~№2

 今年は、新型コロナウイルスの影響で文化祭も体育祭も開催できませんでした。しかし、年度末のこの時期に、今回の「つなぐ~人と人との笑顔のWAを~」で文化系クラブの発表の場を設けることができました。今回のイベントでは、吹奏楽部・ダンス部・軽音エレキ部・軽音フォーク部・能楽部の発表、茶道部が野点をイベント会場で行いました。その様子を写真で紹介します。

つなぐ~人と人の笑顔のWAを~№1

 3月14日、学校のそばにあるYOROBASEで、「つなぐ~人と人との笑顔のWAを~」が開催されました。去年有志で始められた古着交換会を、今年は自治会が引継ぎ、浪速区役所とYOROBASEの全面的なバックアップで開催されることとなりました。何度か、このブログでも紹介しているので、ご存じの方もおられると思います。  準備を進めていくにつれて話は膨らみ、アイデアはどんどん生まれて、そしてこの企画に関係...

YOROBASE お化け屋敷アンバサダー!

 3月12日、学校のそばにあるYOROBASEで、お化け屋敷プロジェクトが始まりました。今宮高校の自治会執行部を中心とする11名が、そのアンバサダーとなり、3月12日にお化け屋敷プロジェクトを体験しました。最初の写真は、スタッフから説明を受けるアンバサダーの生徒たち。すでに緊張が漂っていました。 いざ、お化け屋敷に突入です。出てくるときは、全員悲鳴を上げて飛び出してきました。一体中で何が起こったの...

本校の取り組みが産経新聞に掲載されました!

 本日3月2日の産経新聞に今宮高校がYOROBASEを舞台に浪速区や地元の日本語学校とタイアップして進めている古着交換会をメインにした企画が掲載されました。下記URLからご覧ください。是非!一読していただきたいと思います!今、本校が取り組んでいることが丁寧に報道されています。 「コロナ苦境」支援へ高校生らイベント準備 - 産経ニュース (sankei.com)