SDGsの視点で新聞を読むと・・・

 9月2日の新聞を読んでいると、パナソニックが事業活動に使う電力を100%再生可能エネルギーに切り替えるという記事が目に留まりました。2050年までにグローバルで使用する電力を100%再生可能エネルギーに切り替えるとともに、CO2排出ゼロのモノづくりをめざすということです。「すごいな・・・」と思いながら、記事を読み進めていきましたが、最後まで読んでもSDGsという言葉は一つも出てきません。でも、記事の内容、パナソニックの取り組みは明らかにSDGsですね。具体的には、

 

に該当するように思います。こうやって、17の項目を頭に入れて新聞記事を読むと、わりと世の中の動きが見えてくるように思うのですが、皆さんは如何ですか?

 また、スマホやパソコンで記事を読んでいると、偏った情報に触れがちです。一度、SDGsの17の視点で、「どの記事がどのような項目に当てはまるだろうか?」と思いながら、新聞を隅から隅まで目を通すこともやってみてください。意外な発見があると思いますよ!

 ところで、今高生の皆さんは、日頃から新聞を読んでいますか?前から言っているように、これからは学校で教わる知識・技能だけでは不十分で(誤解がないように、知識技能が必要ではないと言っているのではありません。それだけでは足りないと言っています)、「正解の無い問いに最適解を出す」探究的な学びが必要になります。探究的な学びを行うには、まずは世の中のことを知っていることが必要です。そのためのツールとして新聞は最適。ぜひ、新聞を読むようにしてください。