どこででも起きる事故、ながらスマホ!

 10月2日(水)、新聞を読んでいると、

「自転車でスマホ重傷事故」

という記事が目に飛び込んできました。新聞には、今年6月17日午前7時50分ごろ、伊丹市安堂寺町の市道交差点で、女子生徒がスマホを操作しながら自転車を運転し、登校する小学生の見守りをしていた77歳の男性に衝突したと書かれています。男性は、一時急性硬膜下血腫で意識不明、意識は回復したものの現在も入院しています。県警伊丹署は1日に、女子高生を重過失障害容疑で書類送検したということです。

 この事故、どこででも、いつでも起きそうな事故だと思いませんか?スマホを操作しながら自転車に乗っている人は、よく見かけます。危険だなぁと思ってみていますが、一歩間違えると、このような大きな事故につながるのです。生徒の皆さんも、十分に注意してください。

 さらに、耳にイヤホンをして登校してくる生徒がかなりいます。新今宮方面から南門に向かってくるときに、校門前の狭い道路を渡りますが、この道が抜け道になっているのか、かなり交通量が多いです。私も含め校門に立っている先生が「クルマ!」と大きな声を出すことが毎回あります。注意された生徒の中には、先生の声を聴いて初めて車に気づくという人もいます。もう少し、気を付けて登校してほしいと思っています。