古着を浪速区に寄付しました!

 以前、古着交換会の催しを紹介したと思います。たくさんの古着が寄せられ、余った古着はリサイクルに回すという予定だったのですが、浪速区が子供服の回収を行っていることを紹介したところ、古着交換会を主催した生徒たちから「浪速区に寄付しよう」という声があがり、この度浪速区に寄付することになりました。写真はその時の様子です。

 浪速区の子供服の回収は、赤ちゃんから中高生の物まで行っているということですので、これからも継続的に行えたらと考えています。

 前にもブログに書きましたが、私としては地域の浪速区とさまざまな連携をすることが、生徒たちの成長につながると考えています。足元の問題に向き合う中で見えてくる課題の中に、今世界中で論議されている普遍的な意味が見えてくると思っています。是非これからも連携していきたいと考えます。