礼儀正しさは「生きる力」!

 8月6日(木)、いつものように学校の周りの道路を清掃していたら、学校北側の住民の方と出会い声をかけられました。

「野球部のボールが飛んできたので、野球部の部員さん3人が来てくれました。とても礼儀正しい生徒さんですね。気持ちよかったです。」

と。最初、私は何かトラブルでもあったのかと思ったのですが、逆に生徒の対応をとても褒めていただきました。さすが、礼儀正しさを求められる野球部ですね。誇りに思います。

 このように、きちんとしなければならない時に、きちんとすることができるのは「生きる力」です。どうしなければならないか頭で分かっていても、日頃からやっていなければすぐにはできません。学校という枠の中だけで過ごすのではなく、学校の「ソト」に出かけて地域の人々や社会で活躍する社会人と交わることで、「きちんとしなければならない時にきちんとする」という事を身につけてほしいと思います。さしずめ、外部から講師や来客があるときには、自主的に標準服を着用するように心掛けませんか?これも礼儀の一つだと思います。