高大連携プログラム「国際交流会」を実施しました!

 7月10日火曜日午後、摂南大学寝屋川キャンパスにおいて、国際交流会を実施しました。
 この企画は、摂南大学で学ばれている留学生との交流を通して、海外の方々と良好なコミュニケーションを図ることについて、体験的に学ぶことを目的に実施しました。
 今回は大学側の留学生の方々の都合や収容定員の関係もあり、全員参加ということはできませんでしたが、3年生87名と教員6名が参加しました。

 DSCN3131.JPG

DSCN3130.JPG DSCN3132.JPG

 担当の教員からの交流に関する説明後、9名の留学生の方に、9つのグループに一人ずつ入っていただきました。

 DSCN3098.JPG

DSCN3104.JPG DSCN3103.JPG

 今回初めての取組みでもあり、スムーズに会話が進むのかな、と始まるまでは正直言って心配していましたが、生徒たちは温かく笑顔で留学生を迎え入れ、前のめりになって会話を始めました。

DSCN3120.JPG DSCN3124.JPG

DSCN3121.JPG DSCN3128.JPG

 25分を一区切りに、留学生の方に他のグループへ移動いただき、新たなグループでの会話が始まりました。
 母国語での挨拶や自己紹介を学んだり、日本の文化を紹介したりすることで、話が盛り上がったり、笑い声が上がったりと、終始話は弾んでいました。
 また、留学生が入れ替わったことで新たな反応を示す生徒がいたり、別の話題で盛り上がったりと、生徒の反応にも変化が生まれることや、生徒の個性や持ち味などを再確認できたことなど、我々も気づくことがたくさんありました。

DSCN3125.JPG DSCN3123.JPG

DSCN3127.JPG DSCN3115.JPG

 今回は、韓国、台湾、中国からの留学生でしたので、英語での会話はあまりできなかったようですが、それぞれの国の言語や文化について興味を示していた生徒はたくさんいました。

 留学生の方々はどなたも日本語が上手なので、ある程度日本語も通じていましたが、生徒が留学生に日本語を教えるといった場面もありました。また、留学生の方々の向上心や学業に対する意識がたいへん高いことに驚く生徒もいました。

 生徒の感想文からも、以上のような気づきや更なる興味がわいたことは充分伝わってきましたし、「参加して良かった」という感想もたくさんありました。

 今回の活動の中で、本校の生徒が積極的にコミュニケーションを取ろうと、まさしく前向きに参加してくれたことに、私はうれしく思いましたし、初めて出会った留学生とためらうことなく笑顔でコミュニケーションをとれる力を身に付けていることに感心もし、そして頼もしく思いました。

 今後も、より多くの生徒がこうした国際交流の機会に参加できるよう、他の大学との連携プログラムも模索しています。生徒の皆さん、そうしたプログラムが実現した際には、積極的に参加するようにしてください。

 今回、我々のお願いを快く受けとめ、こうした機会を提供してくださいました摂南大学の関係の方々、9名の留学生の方々に心より感謝申し上げます。
 本当に有難うございました。