近畿地区高等学校PTA連合会大会に参加しました!

 7月15日日曜日、神戸国際展示場で開催された「第44回近畿地区高等学校PTA連合会大会 兵庫大会」に車野PTA会長と共に参加しました。

 004.JPG

 午前9時、神戸市立須磨翔風高等学校和太鼓部の皆さんによる勇壮な演奏で歓迎いただきました。
 大小の太鼓が奏でる迫力と力強さ、チーム一体となった完成度の高い演奏でした。

 005.JPG

 その後、開会式、来賓祝辞、広報誌コンクール表彰、そして記念講演と続きました。

015.JPG

 テレビ等でも有名な住田裕子弁護士を講師に、「変革期の今・・・人、意識、どう変わる」というテーマの講演でした。

 ご自身の「これまでと今」について、大学進学や就職、検事としてのご苦労、弁護士への転身やテレビ出演についてなど、ご自身の経験、当時の悩みなどを率直にお話ししてくださいました。

 テーマである「変革期の今」については、社会の変化を様々な視点で指摘され、最後に「これからの時代を生きるために。社会で活躍するために必要な資質」として、学力だけでなく人間力、熱意、意欲、忍耐、謙虚、そして、人の痛みを感じられる共感性、中庸、チャレンジ精神が大切であると強調されていました。

 昼食時は、兵庫県立高砂高等学校ジャズバンド部の皆さんがジャズの名曲を演奏してくださいました。
 ジャズの名曲を楽しみながら、兵庫県ならでは食材を生かしたお弁当をいただきました。

 021.JPG

 ジャズの名曲がとてもおしゃれで心地よく、洗練された技術と一体感のある演奏、醸し出す雰囲気に魅了されました。

 午後からは、実践発表として奈良県、和歌山県、兵庫県から発表がありました。
 長年続けられている活動へのPTAの皆さんの熱い思い、地域の特性を生かし、地域との連携に情熱を注がれている様子、新たなことに次々と取り組んでおられる意欲、実践がよく伝わってきました。

 024.JPG

 「和太鼓部」「ジャズバンド部」の生徒の皆さんの見事な演奏、講演、そして実践発表と、たいへん充実した兵庫大会でした。