食物アレルギー対応の講習会を実施しました!

 8月21日(火)午後1時、本校会議室において、本校の校医を務めていただいている中村 猛 先生を講師としてお招きし、教員対象の食物アレルギー対応の講習会を実施しました。

IMG_4848.JPG 

 パワーポイント等の資料をもとに、食物アレルギーに関する基本的な知識から、アナフィラキシーショック等の防止及びその対応にいたるまで、懇切丁寧にご教示くださいました。

※「アナフィラキシー」・・・アレルギーの原因物質により、数分から数時間以内に複数の臓器や全身に現れる激しい急性(即時型)のアレルギー反応のこと。
※「アナフィラキシーショック」・・・アナフィラキシーによって血圧の低下や意識障害などを引き起こし、ショック状態に至ること。

 さらに、動画も活用しながら、アナフィラキシーが現れた時に使用する「エピペン」の効能と使用上の注意等をご説明いただくとともに、受講者全員が練習用エピペンで実際に注射する練習も行いました。

※「エピペン」・・・アナフィラキシーが現れた時、医師の治療を受けるまでの間、症状の進行を一時的に緩和し、ショックを防ぐための補助治療剤(アドレナリン自己注射薬)のこと。

 今回、特にアナフィラキシーが起きた時、躊躇なくエピペンを注射するとともに、救急要請することの重要性を改めて理解することができました。

 校医の中村先生には、公務ご多忙の中、私どもの要請に快く応えていただき、詳しく丁寧にご教示くださいました。誠に有難うございました。