祝 近畿大会出場!

 囲碁部の木村 美湖さんが、9月2日(日)四條畷高校で行われた第38回近畿高等学校総合文化祭囲碁部門大阪府予選において、優秀な成績を収めたことにより、団体戦大阪府代表の一人として選ばれ、近畿大会出場を果たしました。

 大会での健闘を祈り、本館校舎の正面に懸垂幕を設置しました。

 

 木村 美湖さんは、来たる11月10日(土)・11日(日)、徳島県教育会館で行われる「第38回近畿高等学校総合文化祭徳島大会」囲碁部門の女子団体戦に出場します。

 大阪府代表として、ベストを尽くして対戦に挑んでください!
 そして、他府県の高校生との交流を深めてください。
 応援しています!!!

〇「近畿高等学校総合文化祭」とは?
 通称「近総文(きんそうぶん)」と呼ばれ、文化系クラブだけでなく、授業を含め全ての生徒に参加できるチャンスがある芸術文化分野の近畿大会です。
 昨年度、大阪府で開催されたこの近総文は、近畿ブロック2府8県(大阪、徳島、京都、和歌山、滋賀、奈良、三重、福井、鳥取、兵庫)の計10府県が参加するもので、今年度は徳島県で開催されます。
 囲碁の他にも、開会行事、合唱、吹奏楽、器楽・管弦楽、日本音楽、演劇、マーチングバンド・バトントワリング、芸能、美術・工芸、書道、写真、放送文化、将棋、小倉百人一首かるた、茶道等の部門があります。
 さらに、「全国高等学校総合文化祭」という全国大会もあります。今年度は長野県で行われ、来年度は佐賀県で開催されます。