二年生修学旅行便り(10月17日その3)

本部町立体育館に続々と車が到着。生徒たちはそれぞれホストファミリーの方々と笑顔で話をしたりお礼を述べたりしていました。

15時45分、予定通り体育館で離村式を行いました。

生徒代表の高橋君から、「大阪では体験できないことをたくさん経験させていただき、とても充実した時間を過ごすことができました。」と思いを述べ、感謝の気持ちを伝えました。

続いて、民家代表の方から、生徒へのお褒めの言葉と、残りの二日間が安全でよい旅になるようにと温かいメッセージをいただきました

式が終わってから、あちらこちらで別れの挨拶をしたり記念写真を撮ったり、別れを惜しんでいました。

全員がバスに乗車後、ホストファミリーの方々は駐車場で最後まで手を振って見送ってくださいました。

心温まる民泊体験を終え、恩納村にあるホテルに17時過ぎに到着予定です。今日は夕食後、20時45分に班長会議を行い、生徒たちに諸注意と明日のマリン体験等の準備に向けた説明を行います。