枚方市立中央図書館に児童書等の図書を寄贈しました!

 10月29日(火)、枚方市立中央図書館に133冊の児童書等の図書を寄贈するにあたり、館長室にお招きいただきました。

 そこで、図書委員会の代表生徒5名、図書館係の教員と共に館長室にお伺いしました。

 この133冊の図書は、本年度の文化祭(9/6、7)において、図書委員会が企画・実施した「こどもに本を届ける活動」の中で、生徒や保護者の皆さん、教職員からいただいたものです。

 

 館長さんをはじめ、図書館の職員の皆さんが笑顔で温かく迎えてくださいました。

 生徒たちは、本との出会いを通して、興味や関心が高まりジャンルがどんどん広がっていったこと、何事にも前向きに考えたり行動できたりするようになったこと、読書活動をさらに進めていくために生徒会に立候補したこと、「1000ページ読書マラソン」を2年連続で達成したことなど、各自の思いや意見をしっかりと述べ、館長さんからの質問にも明快に答えていました。

 館長さんと対話している様子はたいへん微笑ましく、生徒たちの確かな受け答えに感心もし、頼もしく感じました。

 楽しいひと時を過ごさせていただき、最後に寄贈図書と共に記念撮影となりました。

 館長様をはじめ、枚方市立中央図書館の職員の皆様方には、温かくお迎えいただき、生徒の話も親しく、そして丁寧にお聞きくださり、励ましの言葉もかけてくださいました。誠に有難うございました。

 生徒たちにとって、たいへん貴重な体験となりました。

 あわせて、文化祭での「こどもに本を届ける活動」の趣旨に賛同くださり、貴重な図書を提供くださった方々にも感謝いたしております。誠に有難うございました。

 寄贈した児童書は、図書館での活用、子どもに本を届ける事業への基金、枚方市役所各課の窓口待合スペースなどで活用されるとのことです。