• トップ
  • 2020年
  • 1月
  • 交野市教育委員会主催「発明クラブ」の見学に行きました!

交野市教育委員会主催「発明クラブ」の見学に行きました!

 本校は、「社会で活躍できる人間の育成」をめざし、地域交流活動にも力を注いでいます。

 学校内外で、クラブや生徒会、有志の生徒が中心となって様々な活動に取り組んでいます。
 新たな取組みとして、来年度から「交野市少年少女発明クラブ」に参加します。

 参加するにあたって、まずはどのような活動なのか「実際に見学してみよう」ということで、1月25日(土)午前、私市駅近くにある施設「星の里いわふね」の研修センターで開かれている講座『発明クラブ』の見学に、理科研究部の生徒3名が行きました。

 参加することになったきっかけは、国際交流やキャリア講演会等でお世話になっている摂南大学の皆さんと、来年度実施する新たなプロジェクトを進める中で、摂南大学の皆さんから「学生と一緒にやってみませんか?」とお声がけをいただいたことから始まりました。

 この日も2名の大学生が来られていました。

 当日は20名ほどの小中学生の皆さんが出席していました。

 各専門分野の方々が指導員として5、6名おられ、出席者への指導を熱心にされていました。

 摂南大学の学生さんを見習って、本校の生徒も小中学生の皆さんに話しかけたり問いかけたりしていました。

 当日の指導員の方は、昨年12月まで交野市教育委員会の教育長を務めておられた方で、20数年前にご自身が指導主事としてこの「発明クラブ」の立ち上げに関わっておられたそうで、当時のことを含め、この事業への思いを我々に語ってくださいました。
 お話を伺いながら、ご自身が手掛けられた事業で、またこうして小中学生に関わっておられることはとても素敵なことだと、しみじみと思いました。

 理科研究部の生徒たちは、この日の午後、上町断層の調査があるということで、11時ごろには会場をあとにしました。

 生徒たちが、こうした活動に関わることで、社会で活躍されている方々の思いや姿から何かを感じ取ったり、指導員や大学生の方々と共に小中学生に関わる中で、声かけやサポートの工夫を学んだり、難しさや楽しさを実感したりすることは、貴重な体験になると思います。
 生徒の皆さん、学校内の活動に加えて、こうした体験を通して、やりがいや自信につなげてください。

 今後も、「社会で活躍できる人間の育成」をめざした活動を展開していきたいと思います。